2008.08.27

予定調和

はい、予定通りですね。

北朝鮮、核施設の無能力化を中断すると表明=朝鮮中央通信(2008年8月26日 ロイター)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、米国が6カ国協議の非核化合意に違反したため、北朝鮮は核施設の無力化作業を中断することを決定し、寧辺の核施設を復旧させることを検討すると報じた。

以前のエントリで触れたとおり、テロ支援国家指定解除の条件即ち「45日以内に検証可能な方法で核の完全解除」をしなかった訳ですね。「先に制裁解除しろ」だの「検証なんかイヤだ」だの抜かしてるようですが、約束を守らないとペナルティがあるのは当然です。

では、各新聞社のリアクションを見てみましょう。例によって大した中身はないのでリンクはしませんが。

・北朝鮮「核無能力化を中断」 テロ指定解除の延期に反発(アサピー)
・拉致再調査停滞も 北朝鮮、核無能力化中断(産経)
・北朝鮮核:日朝協議にも影響か 核無能力化中断(毎日変態新聞)

6月末時点では「明日にでもテロ支援国家指定解除か!?」と威勢がよかったのに、随分とトーンダウンしてますね。まあどっちみち先のエントリでも触れたとおり、テロ支援国家指定を解除したところでIEEPAが発令されてるから禁輸措置とか普通に出来るんですけどね。

いまだにIEEPAについて触れてる新聞社は無い様ですが、仮に、指定解除→大喜びで報道→IEEPAを根拠に制裁継続、なんて事になったら、社会の木鐸たる新聞社の権威が落ちるんじゃないかと心配で夜も寝られません。(棒読み)

◎今日のパイレーツオブソマリアン
ソマリア沖で海賊、興洋海運のタンカーを乗っ取る(2008年8月21日)

国際海事局(IMB)海賊情報センター(クアラルンプール)などによると、ソマリア沖のアデン湾で21日午前(日本時間同)、日本の興洋海運(東京都港区)が管理するパナマ船籍のケミカルタンカー「アイリーン」(7373トン)が武装した海賊に乗っ取られた。
(略)
 同海域では、タンカー襲撃とほぼ同時刻にイランの貨物船が襲われたほか、19日もマレーシアのタンカーが襲撃され、ともに乗っ取られている。このため、海賊情報センターは、付近を航海中の船舶に警戒を呼びかけている。

タンカーが襲われたのは憲法9条の精神が足りないからです。憲法9条精神注入棒で精神注入し裂帛の気合いを持って対峙すれば、神仏の加護を持って必ずや不逞の輩を打ち破る事ができたでしょう。ゆくぞ我らが憲法9条!進め一億火の玉だ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.06.27

パラレルワールド・ラブストーリー

無事迷宮から抜け出して、アルバイトも一段落ついたので久々に更新してみたり。

えー、先日のブッシュ大統領による議会への北朝鮮テロ支援国家指定解除通告を受けて、日本のメディアのはしゃぎっぷりは見ていて大変微笑ましいものです。見出しを並べるとこんな感じ。(中身は大したこと書いてありませんのでリンクはしません)

・北朝鮮が核計画申告 米はテロ国家指定解除へ(asahi.com)
・米国:「北朝鮮テロ指定」解除…6カ国協議再開へ(毎日.jp)
・北朝鮮の核計画申告書提出、米大統領「重要な一歩」(YOMIURI ONLINE)

そういえばここ数日「拉致問題を置き去りにするな!福田政権は何をやってるんだ!!11!」というニュースを見るにつけ、あんたらちょっと前に6者協議で日本だけが経済制裁決めた時「国際協調を!日本は孤立している!!バスに乗り遅れるな!!11!」と叫んでた筈ですがどういう事ですか?なんて些細な疑問を持ちつつも、玩具を前に騒ぐ子供を見守る親の如き心境の今日この頃です。

ええっと、毎日新聞を筆頭にまるで既にテロ支援国家指定解除されたかのように喜んでいますが、そんな事はありません。あくまで解除にむけたプロセスの一つです。日本と違ってアメリカでは、法に基づき議会で審議・議決される事で物事が進んでいくのですね。

そういえばこのあたりのプロセスをすっ飛ばして、議会でそんな話が微塵も出ていないのに以前も何度か「テロ支援国家指定解除か?」というニュースが報じられたりしてましたっけ。BDAの北朝鮮口座凍結解除時、コルレス口座の存在とその仕組みをすっかり忘れて大騒ぎしていたりと、マスコミってどこの平行世界に住んでいるんでしょうね?あと、北朝鮮は「テロ国家」じゃなくて「テロ支援国家」です。いくら何でも失礼なので、朝日と毎日は北朝鮮に謝罪と賠償をすべきだと思います。

あ、ちなみにこのプロセスは、45日以内に検証可能な方法で核の完全解除が確認されないと停止します。「核を完全解除したら、審議の上で指定を外してやる。解除の判断基準はオレ様だけどな!」っつー事ですな。これ自体、テロ支援国家指定した時からの決まり事なので、別にどうって事はありません。

で、いまだ日本のメディアでは一切見かけない非常に香ばしいニュースがこいつです。ソースはホワイトハウスだぜイヤッホゥ!

Executive Order: Continuing Certain Restrictions with Respect to North Korea and North Korean Nationals

(訳) 私、米国大統領ジョージ・W・ブッシュは、朝鮮半島における兵器転用可能な核分裂物質の存在およびその拡散のリスクが、合衆国の安全および外交政策への非常かつ重大な脅威となることに鑑み、ここにこの脅威に対処するため国家非常事態を宣言します。

第一項: 2000年6月16日より続くsection 101(b) of Public Law 95-223 (91 Stat. 1625; 50 U.S.C. App. 5(b) note)
に示す物資の北朝鮮および北朝鮮国民との移動の禁止

第二項: 米国人による北朝鮮船籍船の登録・運用許可の取得・保有・リース・運用、または保険の適用の禁止

第三項(a): 米国人または米国滞在人の上記の命令を回避するいかなる取引の禁止
第三項(b): 上記の命令を回避するいかなる陰謀の禁止

第四項: この命令において
(a) 「人」とは個人または団体を言う
(b) 「団体」とは共同経営権・組合・信託・共同事業・企業・集団・小集団、またはその他組織を言う。そして
(c) 「合衆国人」は全ての合衆国市民、永住権獲得外国人、在外公館を含む全ての合衆国機関の管轄の法の下で組織された団体、および合衆国内の全ての者を言う。

第五項: 財務省長官は国務省との協議の元、ここに以下の手段を取る事を許可する。すなわちこの大統領令を効力あらしめるために規則と制限を公布し、国際緊急経済発効法(IEEPA)のもとで大統領に許可されたすべての権限を使用することである。
 財務省長官は適用すべき合衆国法の定める全ての政府機関と公務員の権限を代理することができる。
 ここに全ての合衆国機関に対し、この大統領令の項目を実行するため取りうるあらゆる適切な手段を取る事を命令することとする。

第六項: (略)

第七項: この命令は合衆国、およびその省、部局、機構または団体、その構成員または被雇用者またはそれ以外の人員に反対するいかなる団体のために法的またはそれに順ずるものによる利益・実質・手続き・または執行権を与える意図のためのものではない。

ジョージ・W・ブッシュ

ホワイトハウス

2008年6月26日

何の事だか分かりづらいですね。きっと日本のメディアも意味が分からないから取り上げていないのだと思います。(棒読み)

ざっくり要約するとこんな感じでしょうか。

・北朝鮮の核は危険が危ないから国家非常事態宣言するよ!
・全ての米国民および団体は北朝鮮の物資や国民の移動に関わるなよ!
・国際緊急事態経済権限法(IEEPA)を発動するよ!
・この件は財務省が仕切るよ!

国際緊急事態経済権限法(IEEPA)ってーのは、非常かつ尋常ではない国際的脅威に国家がさらされた場合において、経済に関する種々の権限を大統領が一時的に握ることを認める法律です。過去WW2で発動され日本の通商関連を苦しめた由緒正しい法律です。最近だとイラン・リビア絡みで発動されているようです。

この話と、先のテロ支援国家指定解除のニュースをまとめて考えると面白いですね。

◎テロ支援国家指定関連
・45日以内に北朝鮮が約束を守れば議会で解除プロセスを開始する。
・今の時点で明日から議会で話す議題は特にない。
・最終的には議会が解除を決定するので大統領に決定権はない。

◎国家非常事態宣言関連
・この発令により国際緊急事態経済権限法(IEEPA)発動
・テロ支援国家指定を解除しても、こっちは別途効力を持ってるので制裁は継続
・主導権が国務省から偽札と麻薬問題で腸が煮えくり返ってる財務省へ移行

図らずも、テロ支援国家からテロ国家に格上げされているように見えるのは気のせいでしょうか。もしそうだとしたら、先述のメディアの見出しは非常に趣深いですね。

さあ、日本のメディアがこの話題に正確かつ詳細に食いつくのはいつだ。今こそ日本はバスに乗り遅れるなー(棒読み)


◎今日のAA
余録:ミトモナイ(毎日新聞 2008年6月27日)

あの手この手の偽装と、恥も外聞もない無責任ぶりを見せられる消費者は、怒るよりもあきれている。これでは食品のブランドなど信用できない、もうミトモナイという人もいるだろう。

      、 l ,
     -(#@∀@) -
       ' l ` 
         /''⌒\
       ,,..' -‐==''"フ  /
__     (n´・ω・)η  お前が言う~なぁ~!!!!!
    ̄ "  ̄(   ノ.   \ 、_
 " ""    (_)_)"""  "  ,ヽ       ユ~ナ~/~~\ ⊂⊃ ベンジョガミ~
       "", ,,, ,,  , ,, ,,,"_wノ|     ユ~ナ~/    .\ ベンジョガミ~
""""     v,,, _,_,,, ,,/l ::::... |  .....,,,,傘傘傘傘傘傘傘傘傘...............
    ,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,/:: i 森森森森森
,    ,/|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /::./森森森森森
    _V\ ,,/\,|  i,:::Y: :: :i/:: | 森森森森

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.13

To be, or not to be

「日本はマラソンから脱落した」 アフガン大使(2007.12.13 産経)

 「日本は国際社会とともに走るのをやめないでほしい」-。政府・与党が新テロ対策特別措置法案成立に向け国会再延長に踏み切ったことを受けて、アフガニスタンのハルン・アミン駐日大使(38)は産経新聞と会見。テロとの戦いをマラソンにたとえて、日本のインド洋給油支援活動の早期再開を求める立場を強くアピールした。
(略)
 日本の一部には、給油支援を効果的でないとする懐疑論もあるが、大使は「どんなに論議をしても、まずはレースに参加していなければ日本の姿は見えない。日本国民がテロとの戦いの意味を理解しないとは思わないが、どの国も進んで負担を分担している。国際活動に参加する、しないの違いを考えてほしい」と繰り返し訴えた。

どこぞの馬鹿どもが「給油活動をやめたからといって、日本の国際的な評価が落ちたのか。そんなことないじゃないか」とか抜かしてやがりましたが、一体どうコメントするんでしょうね。根っこにあるのは「今まで何もしてないけどまずは政権担当をさせろ」というクソ餓鬼のワガママ理論と同じ構造だと早く気がついて欲しいものです。死ぬまで無理だと思いますが。

「評価は行動の積み重ねについてくるもの」っつー簡単な話がなぜ分からないんでしょうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.11.04

中東方面とかいろいろ

日本国内が何かと香ばしい状態ですがそれはさておき、ここのところ中東関連あたりのヲチネタが溜まってきたのでポツポツといくつか書き留めてみようかと思います。

テロ特措法最後の給油、パキスタン艦に(2007.10.30 読売新聞)

 【インド洋北部、海上自衛隊補給艦「ときわ」艦上=本間圭一】インド洋で海上自衛隊が活動する根拠であるテロ対策特別措置法の期限が11月1日に切れるのを目前に、海自の補給艦「ときわ」が29日午後(日本時間同日夜)、現行法に基づく最後の洋上補給を行った。

遂に一旦撤退となってしまいました。

最後の給油を受けたパキスタン軍の駆逐艦の甲板では、パキスタン兵らが英語で「自由のための燃料 ときわ ありがとう」とのポスターを掲げ、海自隊員らを感激させた。

普段「日本は真の国際貢献を!」と言ってる人達は、なぜかこういう風景にはコメントしないようです。不思議ですね。

あ、ちなみにたまに「日本はアメリカから市価の3倍近い値段で燃料を買わせれているのだー」という話を見かけますが、現時点では一切ソースがない与太話なのでしっかり眉毛に唾をつけておいてください。民主党のはらぐちぇ先生は「キロリットルあたり6000円も高い!」とか言ってましたが、それでもリッターあたり6円ですな。契約日によっても値段が違うので、どう比較してるのかも興味深いのですが。っつーか軍用燃料の市価ってなんだ?
 
 
日本のタンカー、海賊がソマリア沖で乗っ取る(2007.10.30 読売新聞)

 【シンガポール=花田吉雄】国際海事局(IMB)海賊情報センター(クアラルンプール)によると、アフリカ東部ソマリア沖のアデン湾で日本時間28日午前11時16分、パナマ船籍で日本企業が所有するケミカルタンカー「ゴールデン・ノリ」(6253トン)から、「海賊に乗っ取られた」との救難信号が入った。

ご存じないかもしれませんが、海賊って現在も存在するのです。といっても、ドクロの旗かかげた船でフック状の義手をぶんぶん振り回してる訳ではなくて、ロケット砲や自動小銃で武装した強盗集団ですが。こいつら、かつて米国イージス艦にガチで喧嘩を売って一勝一敗となかなか侮れません。

現在、乗っ取られたタンカーはこれまた米国イージス艦アーレイバークが絶賛追跡中の模様。たぶん速度31ノットで。
 
 
海自給油:継続訴え12カ国大使が国会議員に説明会(2007.10.31 毎日新聞)

 インド洋で約6年間、海上自衛隊が行ってきた給油活動について、給油を受けてきた米国など12カ国の大使らが31日午前、東京都内のカナダ大使館で、日本の国会議員全員に呼び掛けて、給油継続の必要性を訴える説明会を開き、与野党議員計約70人が出席した。
(中略)
米英独仏などインド洋で海上阻止活動を行っている計11カ国とアフガニスタンの計12カ国の共催で、大使や武官などが出席。ただ、日本側の参加者は自民の約50人に対し、民主は代表派遣の6人だけで、与野党の対応に温度差が表れた。

アフガニスタンを含む12カ国の代表が日本のために「てろりすとでもわかる きゅうゆかつどうのじゅうようせいにかんするおべんきょうかい」を開いてくれますた。しかもこれ、国会審議に影響がないようにわざわざそれよりも前に開催してくれています。ちなみに民主党の出席者は、内閣ごっこもといネクストキャビネットの外交関係役職(役職なのか?)の面々かと思われます。

 日本側から「日本が今できるのは元兵士の武装解除や社会復帰などではないか」(民主党議員)との質問が出たのに対し、アフガニスタン大使は「給油活動に限らず、いろいろな支援をお願いしたい」と答えたという。

えー、日本国政府がアフガニスタンに対し、すでに1400億円を超える支援をしてる上で、さらに先日240億円の支援を決定した事もロクに理解していない馬鹿共を相手にさせてごめんなさい。各国大使にはこの場を借りて、勝手に日本国を代表してお詫びを申し上げます。
 
 
パキスタンで非常事態宣言(2007.11.3 日経新聞)

 【ラホール(パキスタン東部)=山田剛】パキスタン国営テレビは3日、ムシャラフ大統領が陸軍参謀長として非常事態を宣言したと報じた。憲法を停止し、事実上の戒厳令を敷いたという。ムシャラフ大統領の再選を巡る違憲審理を進める最高裁の権限を停止するなど超法規的措置を導入し、暫定的に大統領自身の任期を延長する狙いとみられる。野党や反大統領派による反発や、米国など国際社会からの批判が高まるのは確実で、パキスタン情勢が一気に緊迫化する可能性もある。

ちょっときな臭い感じになってきました。再選絡みで最高裁に目をつけられてたってのは記事の通りですが、ここのところ大統領宅付近で自爆テロとか、何かと危険な雰囲気もあったり。動向によってはあちこちに激しい影響がありそうな。

OEFで一時的に握手している不倶戴天の敵、インドは

India regrets 'difficult times' in Pakistan(2007.11.3 Khabrein)

As expected, the Indian government chose to play safe and not condemn the emergency that could give the regime in Pakistan sweeping powers of arrests involving muzzling of civil liberties and human rights.

(超訳)
インド政府ってばパキスタンの非常事態宣言を非難しなかったざます。そのあたりの態度は想定内ざます。

と、割と生温かく見守っているようですが。
 
 
さて、ホントは他にも「普段は日本の識者がありがたがってるエコノミスト誌に『日本は外交を政局の具にすんな』と指摘されるも、なぜか識者全員総スルー」とか「知人の知人がテロリストっつーより、お兄さんのお友達であるペシャワール会の中の人はテロリストの広報部門っつー感じじゃね?」とか、色々あるのですが面倒臭いので放置します。

では最後に、日本が世界に誇る一発芸芸人集団の最新ネタで締めたいと思います。

民主党参議院議員 円より子
「お金がないなら金利を上げればいいじゃない」

日本が低金利を続けているために、円の実効為替レートは22年ぶりの「円安」です。低金利でもデフレから脱却できず、官も民も米国債などドルや海外で資金を運用せざるを得ない状況が続いています。

金利が上がれば国債の利払いにも影響があるでしょう。しかし、国民が保有する金融資産1500兆円が、3%の利回りで運用されるだけで、わざわざ国民の懐を痛める消費税を上げて数兆円の財源を確保する必要性だってなくなる額になるのです。

すげー、金利を上げると金がザクザク湧いてくるのか。金利を上げるとローンを抱えた国民の懐が激しく痛むような気がするのは、きっと気のせいですね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2007.09.26

まだまだシリア空爆続報

来たぜええええええ。

北朝鮮出港の船舶のシリア到着確認、ミサイル関連材料か(2007.09.19 CNN)

ワシントン(CNN) 米国防総省当局者は18日、北朝鮮を出港、シリアへ向かっていた船舶数隻を過去数週間、追跡し続け、一部は既にシリアへ到着した事実をつかんでいることを明らかにした。米軍、諜報(ちょうほう)機関の情報としている。
(中略)
米政府当局者は、イスラエル機の領空侵犯直後、イスラエル軍機の爆撃目的はシリアがレバノンのイスラム強硬派組織ヒズボラに供給する武器保管庫だったことを明らかにしていた。

これ、ちょっと前にニュースになった、太極旗を掲げて(しかもなぜかその国からの抗議もなく)入港した北朝鮮の船がその後行方不明になったって話の続きな気が。

で、これまでのニュースを総合して考えると、
シリア・イラン・北朝鮮:4翻
ヒズボラ:6翻
核拡散:3翻
で数え役満の完成ですな。

そりゃあブッシュ大統領が国連で「新・悪の枢軸」認定するってもんです。

北朝鮮は残忍な体制と非難 米大統領が国連演説(2007/9/26 東京新聞)

 【ニューヨーク25日共同】ブッシュ米大統領は25日、国連総会一般討論で演説し、北朝鮮、シリア、イランなどを「残忍な政治体制」と名指しで非難した。北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が27日から始まるのを前に北朝鮮側を刺激しそうだ。

このタイミングでぶちまけたとなると、当然明日以降の米朝会談そして6者協議にも影響が・・・というかまともに協議なんかできるんだろうか。下手したら6者協議ご破算→安保理送りまであるような。加えて、アメリカの国防省VS国務省の綱引き、10月に劇的発表と噂される南北朝鮮統一連邦へのロードマップの行方、見所盛り沢山です。

次号、詰むや詰まざるや。
 
 
 
★今日のお前が言うな
領収書添付、難航必至 民主は「公開前提」譲らず(2007/9/26 あかぴー)

領収書の発行元の住所など個人情報の一部については伏せることも検討しているが、あくまで公開が前提。小沢代表は25日の記者会見で「一般に公開しない公開なんて、公開じゃない」と自公合意を批判した。

小沢ハウスの売買確認書を公開する時、マスコミ以外シャットアウトしてコピーもとらせなかったという事実は……きっと食事中に忘れてしまったんだろうな。しかも公開したのは10億円の内、4億円分だけだったような。まあ例によってマスゴミはその後華麗にスルーしてましたが。

| | Comments (9) | TrackBack (2)

2007.09.24

もっとシリア空爆続報

Israel-Syria peace feelers languish in U.S. freezer(2007/9/23 Reuters)

<超訳>
とりあえずシリアをタコ殴りにする

すかさず交渉のテーブルまで引きずって行き「さあ愛と平和について語ろうか」と微笑みかける←いまここ

どこからともなく現れたアンクルサムとクレタの妃が「HAHAHAHA!そうそう、話し合いは大切ですNE!」と言いながらシリアを椅子に縛り付ける

テーブルの下でお互いの足を激しく蹴りこみつつ全員にこやかに握手
<超訳ここまで>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.23

さらにシリア空爆続報

前回のエントリのタイトルが意味不明っぽかったので変更しました。
で、しつこいようですが続報です。

Israelis seized 停止nuclear material in Syrian raid(イスラエル、シリア領から核物質奪取)(2007/9/23 The Sunday Times)

<ここから超訳>
いいぞ、ベイベー!
シリアから見つかったのは放射性キムチだ!
イラク、イランにあるのはよく訓練された放射性キムチだ!!
ホント、核の回廊は地獄だぜ!フゥハハハーハァー
<超訳おわり>

おそらく今後IAEAあたりに持ち込まれて、核物質がどっから出てきたのか検証(っつーか北朝鮮製であることの確認作業)がされるでしょう。

さて、ここらまでくると何で私この問題をおっかけてるのか、さらにこのブログで「中東・アジア」というカテゴリにつっこんでるのかが分かって頂けるかと思います。

6者協議、アメリカ、北朝鮮、核開発放棄。そんなキーワードを胸に、今後の推移をワクテカしながら眺めていきたいと思います。

 

★今日の連想ゲーム
「フィクサー」熊取谷氏、傘下30社が所得隠し30億(2007/9/22 読売新聞)

 財界や官界とのパイプを持ち、「政財界のフィクサー」とも呼ばれた熊取谷(いすたに)稔氏(67)とグループ企業約30社が東京国税局などの税務調査を受け、2006年までの7年間で計約30億円の所得隠しを指摘されていたことが、関係者の話でわかった。

えーっと。
小沢一郎とか亀井静香とか加藤紘一とか舛添要一とか平沢勝栄とか。あと渡部恒三や古賀誠、二階俊博あたりも入ってくるんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シリア空爆続報

この前ちょっと触れた、シリア空爆絡みでまたまた続報が。

攻撃されれば爆撃する=イランがイスラエルに警告(2007/9/20 時事通信)

【テヘラン19日AFP=時事】イランのアラビ空軍副司令官は19日、もしイスラエルに攻撃されれば、イランは同国を爆撃するだろうと警告した。ファルス通信によると、同副司令官は「イスラエル政権による愚行がある場合には、イランの爆撃機がイスラエルの国土に対して報復攻撃を実行するという計画をわれわれは提示している」と語った。

フランスがNATOに正式復帰してますます殺る気を見せてるし、どんどん事態は香ばしくなってる気が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.18

まっくら くらのくら

当面色々きな臭い話が出てきそうなんで、「中東・アジア」カテゴリを作ってテロ関連を追っかけてみようかなと思ったり。

で、早速某所にてイスラエルによるシリア空爆の絡みでこんな話が。
----------
211 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2007/09/17(月) 19:23:57 ID:YcBJ5hbb
イスラエルのシリア空爆について、かなり詳しいイスラエルTVのビデオ(英語)

Israel Thwarted Syria's Plan To Attack (イェルサレムのTVニュースのうpサイト)
ttp://www.infolive.tv/en/infolive.tv-12385-israelnews-israel-thwarted-syrias-plan-attack

Secret information that Syria was in the midst of establishing a nuclear facility
with North Korean help, was received by Israel months ago. Aside from Meir Dagan
head of the Mossad, Prime Minister Olmert and cabinet and senior IDF commanders,
no one else was informed. The information was later transferred to leading US
Administration officials who first doubted the information. Later however it
became clear that Syria was intent on surprising Israel with a devastating attack.
Israel acted and thwarted the "Syrian surprise," the details were reported in the
world media.09/17/07
北朝鮮の船がシリアの港に入った9月3日以降の、イスラエルの内閣やイスラエル軍の
動きを説明している。かなり決定的な口調で報道しているわけだが・・・むむむむ!

215 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2007/09/17(月) 19:41:35 ID:YcBJ5hbb
>>211
0)北朝鮮の支援でシリアが核施設を建設中との情報を6ヶ月前に入手
1)イスラエルはアメリカ政府に連絡したが、アメリカは懐疑的
2)イスラエルは軍事衛星の写真偵察目標をシリア北部に変更、調査開始
3)偵察写真から北朝鮮とのリンクが確認された
4)8月中にイスラエル閣議が6回開かれて対応を検討
5)9月3日に北朝鮮の船がシリアに入港
6)9月4日、イスラエルの緊急対策閣議、攻撃決定
7)9月5日、特殊部隊員がシリア北部の「農業研究所」にむけて侵入開始
8)9月6日未明、爆撃用のF15とエアカバー用のF16等が出撃、地上隊員が目標を
  レーザー・ポイントして空爆成功
----------
はい、ここでも北朝鮮-シリアラインが出てきましたね。もちろん北朝鮮は空爆が発覚後、全力で否定してるようですが。まあ、たとえ本当でも「はいそうです」という馬鹿はいないわな。

あとここに来て「華麗なる死の商人」「欧州の中華主義国家」「ヨーロピアンジャイアニズム」の異名を持つフランスが、ものすげえ殺る気になってるようです。

イラン核「最悪事態も」 仏外相、独自制裁を準備 (2007/09/17 09:06 共同通信)

 【パリ17日共同】フランスのクシュネル外相は16日、イラン核問題で外交交渉を重視する姿勢を確認する一方、「最悪の事態に備える必要がある。(それは)戦争だ」と述べ、厳しい姿勢でイランと対峙していく姿勢を明確にした。

新聞をろくに読んでないんで報道されてるのか知りませんが、

仏大統領、核戦力共有を持ち掛け=メルケル首相は拒否-独誌(2007/9/15 時事通信)

 【ベルリン15日時事】ドイツの有力週刊誌シュピーゲル最新号は、フランスのサルコジ大統領が10日の独仏首脳会談でメルケル首相に対し、フランスが持つ核戦力の共有を持ち掛けていたと報じた。ドイツで核兵器保有は政治的タブーになっており、首相はその場で断ったという。

この記事とセットで非常に香ばしいニュースですね。特に後者は国際面のトップに来てもおかしくないような。第二次世界大戦について言論の自由も存在しないドイツ代表として、メルケルさんは鼻からザワークラウトを吹き出しそうになったんじゃなかろうか。

原型が北朝鮮製テポドン1号のイラン製ミサイル、シャハブ4号の射程距離(2000~2500km)を考えると、ヨーロッパが核の射程距離に入ってくる訳で、そらもうケツに盛大な火がつく訳です。そういえばアラブ方面からも、この件ではクレームが出てませんね。

同じくあまり報道されて無いっぽいアメリカのノーマン・シュー事件(ソース出すの面倒だから各自ググレ)も絡みつつ、中東・アジア情勢はまだまだカオスが続く悪寒。

 
 
いっぽうにほんでは 「かいじのきゅうゆかつどうせつめいかい」 がおこなわれようとしていました。

約10カ国大使が合同説明へ 海自の給油継続要請で(2007/9/15 共同通信)

インド洋での海上自衛隊による給油活動継続のため、アフガニスタンやインド洋に部隊を派遣している約10カ国の駐日大使が、与野党国会議員を対象にテロリストの海上阻止活動に関する合同説明会を計画していることが16日、分かった。米英両国に加えパキスタンやフランスなどの大使が参加する見通しで、国際社会一体の活動であることをアピールし、海自活動の継続を「説得」する場になる。


 
もうね、アフォかと(ry

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.15

テロ特措法(4)

長々とクソ面白くもない事を書き連ねて、やっと最後までたどり着きました。これまでを踏まえて巷に流れる意見に対して、ごく控えめにコメントすると以下の通りとなります。

・アメリカのガソリンスタンドでいいのかという世間の声
→ええ、世界でたった一つのスタンドですが何か?しかも欧米・中東・アジアの安全ピンも兼ねてますが何か問題でも?

・対テロ特措法への反対を大々的にとりあげる腐れマスゴミ
→死ね。中東・中央アジア情勢における日本の立ち位置を解説してからインド産冷凍マグロで頭かち割って今すぐ死ね。

・今世界で最高に空気が読めない民主党
→死ね。世界中の軍隊と石油関係者から怨嗟の声を浴びつつ原油の海で溺れて今すぐ死ね。

 

と、思ってたら我らがマスゴミがやってくれますた。

■Before
テロ特措法延長に反対54・6% 民主、自信深める 合同世論調査(8/30)
海自給油活動延長に賛成29%、反対39%…読売世論調査(9/10)

■After
福田氏28%でトップ 次期首相、麻生氏は18% (9/14共同通信)

海上自衛隊のインド洋での給油活動については、テロ対策特別措置法が期限切れとなる11月1日以降も「延長すべきだ」とする人が47・9%で、「延長すべきではない」の42・5%を上回った。

 
いやー、やっぱりメディアでロクな解説がして無くても理解してくれる人はいるもんだねえ。さすがマスゴミの力。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
んなことある訳ねえだろ( ゚Д゚)ヴォケ!!

たかがこれだけの駄文書くために、どんだけオレが仕事さぼって資料ひっくり返したと思ってんだYO! お前らここ最近、どうでもいい金の事と安倍首相の責任突っつきながら、特措法の廃止を煽ってただけじゃねえか。新聞記事に特措法の理解を深めるような記事は、掛け値なしにビタ一文載ってなかったぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧