« 専制君主なう | Main | 一山百文 »

2009.10.21

ファシスティック・ラヴァー

日本郵政・西川社長が辞任表明 民営化見直し「隔たり」(2009.10.20 あさぴー)※記事そのものは重要じゃないのでリンク無し

悪名高いハゲタカファンドですら役員解任は株主総会を通しているのですが、そのハゲタカファンドより悪質な話がまるで当然のように語られるこんな世の中なんて(ポイズン)

っつーか政府が筆頭株主とはいえ、一私企業のトップを正規手続きに依らず為政者の圧力によって辞任させるとか、もう本当に色々と大丈夫なのでしょうか?

【産経抄】10月21日(2009.10.21 産経)

 日本郵政は、法律で民間会社になったはずである。6月の株主総会で承認された社長を政治家が陰に陽に圧力をかけて辞任に追いやったのは、ルール違反というよりいじめに近い。

よし、お前はとりあえずこの件に対して鹿内家からコメントとってこい。
 
あ、ちなみに後任の斎藤次郎元大蔵事務次官は、小沢現外閣総理大臣の右腕として細川政権で腕をふるい、その後研究情報基金理事、東京金融先物取引所理事、(株)東京金融先物取引所社長を天下りしたという経歴を持つ立派な方です。え?お友達人事?せめて猟官制と呼んで下さい。

そういえば前政権が日銀総裁人事の時、「事務次官経験者はダメダメダメ!」って言ってた政党があったと思いましたが、あれはどこの政党でしたっけ?


次に再国有化するのは東京メトロで、旧名称の帝都高速度交通営団復活。そんな妄想で現実から逃避する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
 
 
◎今日の僕らが生まれてくるずっとずっと前にはもう
超合金「アポロ11号」発売 “大人の超合金”第1弾(2009.10.20 ITmedia News)

 実際のロケット同様、9個のパーツに分割できる。サターンVは、1段、2段、3段ロケットの切り離しが可能。アポロ11号と付属の月着陸船は、ロケットへの取り付けと分離もでき、打ち上げから月着陸、帰還の全行程を再現できるとしている。

さすがバンダイ。ツボってものをよく心得てやがるぜ。

|

« 専制君主なう | Main | 一山百文 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/46543328

Listed below are links to weblogs that reference ファシスティック・ラヴァー:

« 専制君主なう | Main | 一山百文 »