« September 2009 | Main | December 2009 »

2009.10.22

一山百文

新政権の経済運営/「鳩山不況」回避へ柔軟に(2009.10.21 河北新報)

要旨としては「政府はマニフェストの実現に固執せず、突発的な経済問題に柔軟に対応すべきだ」という事らしいのですが、話の展開が噴飯ものです。

 マニフェストや閣僚発言から鳩山内閣の経済思想を探ると、自民党時代と違った方向が見える。具体的には(1)企業から家計へ(2)中央から地方へ(3)製造業から非製造・サービス業へ(4)外需から内需へ(5)成長から安定へ―という重点のシフトだ。

 その方向性は評価したいが、懸念されるのは鳩山内閣がマニフェストに縛られている印象を広げていることだ。マニフェストの実現を優先させるあまり、現実の経済との落差を整理し切れていないようにも見える。

前半で円高容認やら返済猶予制度やら補正予算の執行停止やら暫定税率の廃止やら、色々と例を上げてるものの、それらは全部自業自得的なマイナス要因にしかなっていない上に、その方向性とやらと全く関係ないのですが一体具体的にどんな施策を評価したんですかね?

 経済は生き物であり予期せぬことが起きる。日本航空の再建問題や円の急騰などをマニフェストは想定していない。こうした突発的な経済問題への取り組みこそ内閣の真価が問われる。

 国民は先の選挙で民主党が掲げた個々の公約全部を吟味して信任したのではなく、「政権交代」を支持して民主党を選んだ。性急な「マニフェスト実現症候群」に陥らないようにしないと、政権がリスク要因と言われ続けかねない。

日本航空の再建問題は以前からずーっとあって、民間同士でどうしようかって話をしてたところに政府が横槍入れて再建プロセスを全部停めさせたはずなんですが、これは予期せぬ出来事ですか?円の急騰もこの社説の前半で述べてるように、馬鹿が考え無しに円高容認するような発言したからですよね?

どこをどうみても「阿呆が火のないところにガソリンぶち撒いて放火して廻ってる」ようにしか見えないのですが。

っつーか先の日本航空の再建問題も、サブプライムローンの破綻に端を発する世界的金融危機すらもそうなのですが、ここ数ヶ月に出てきた話ではありません。

にもかかわらず、現政府のマニフェストが現実の経済との落差を整理できず対応も想定していないと断ずるのであれば、現政府の中の人達はそもそも経済について何も考えていなかった、というリスク要因とかそういうレベルの問題ではない、絶望的な結論になるという事をこの社説を書いた人は気づいているのでしょうか?

国民は個々の公約全部を吟味したのではない?そんな甘えが許されるわけないでしょう。選択の結果、国が傾こうと人がばんばん死のうと、責はその選択を容認した国民が負うというのが民主主義のコストです。

 
もしそれでもマニフェストの吟味云々を言うのであれば、その役割を放棄したのは、新聞屋、お前ら自身だ。

 
 
さあ皆さん、多くの国民が待ち望んだ新しい世界を共に突き進もうではありませんか。大いなる覚悟と諦念を胸に。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.21

ファシスティック・ラヴァー

日本郵政・西川社長が辞任表明 民営化見直し「隔たり」(2009.10.20 あさぴー)※記事そのものは重要じゃないのでリンク無し

悪名高いハゲタカファンドですら役員解任は株主総会を通しているのですが、そのハゲタカファンドより悪質な話がまるで当然のように語られるこんな世の中なんて(ポイズン)

っつーか政府が筆頭株主とはいえ、一私企業のトップを正規手続きに依らず為政者の圧力によって辞任させるとか、もう本当に色々と大丈夫なのでしょうか?

【産経抄】10月21日(2009.10.21 産経)

 日本郵政は、法律で民間会社になったはずである。6月の株主総会で承認された社長を政治家が陰に陽に圧力をかけて辞任に追いやったのは、ルール違反というよりいじめに近い。

よし、お前はとりあえずこの件に対して鹿内家からコメントとってこい。
 
あ、ちなみに後任の斎藤次郎元大蔵事務次官は、小沢現外閣総理大臣の右腕として細川政権で腕をふるい、その後研究情報基金理事、東京金融先物取引所理事、(株)東京金融先物取引所社長を天下りしたという経歴を持つ立派な方です。え?お友達人事?せめて猟官制と呼んで下さい。

そういえば前政権が日銀総裁人事の時、「事務次官経験者はダメダメダメ!」って言ってた政党があったと思いましたが、あれはどこの政党でしたっけ?


次に再国有化するのは東京メトロで、旧名称の帝都高速度交通営団復活。そんな妄想で現実から逃避する今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
 
 
◎今日の僕らが生まれてくるずっとずっと前にはもう
超合金「アポロ11号」発売 “大人の超合金”第1弾(2009.10.20 ITmedia News)

 実際のロケット同様、9個のパーツに分割できる。サターンVは、1段、2段、3段ロケットの切り離しが可能。アポロ11号と付属の月着陸船は、ロケットへの取り付けと分離もでき、打ち上げから月着陸、帰還の全行程を再現できるとしている。

さすがバンダイ。ツボってものをよく心得てやがるぜ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.10.08

専制君主なう

ちょっと目を離すとすぐ小ネタが溜まる人達。

国交相チーム100人規模に急増=経費負担、日航の重荷に(2009.10.8 時事通信)

経営危機に陥った日本航空をめぐり、前原誠司国土交通相が日航に派遣した専門家チームが当初計画の3倍以上、延べ100人規模に急増したことが7日明らかになった。複数の関係者によると、チームの経費は10数億円以上で、ほぼ全額を日航が負担する方向で調整中。同社の財務への影響も懸念されている。

こういう状況を的確に表す慣用句や諺を募集中。現時点での最有力候補は「事件屋」です。

母子加算:年内復活へ 財務省が予備費の拠出容認(2009.10.8 変態)

 政府は、生活保護のひとり親世帯に昨年度まで支給されていた母子加算について、年内に復活させる方針を固めた。財務省が予備費から経費を拠出する見通しとなった。

国産牛買ったり沖縄旅行するから金よこせ金」
「もうないわよ!大体働いてる私より無職のあんたの方が収入あるじゃない!」
「お、こんなところに予備費があるじゃねえか。ぐへへ」
「あんた!それはこの子に万が一の事があった時の―」
「うるせえ!後で増税でもして倍返しにしてやらあ!」
「かーちゃん、台風がきたよ!あと東海で地盤の歪みも出てる!」

首相動静(10月8日)(2009.10.8 時事通信)

午前8時現在、東京・田園調布の私邸。朝の来客なし。
午前8時20分、私邸発。「すごい台風だが国民に呼びかけを」に「みんなで頑張って、被害が少ないように」。

「頑張れ!適も必死だ」
「その手ゆるめば戰力にぶる」
「今日も決戰明日も戰戦」
「理窟言う間に一仕事」

この精神ですね、総理!

万一怪我をされる人がいたら、昔みたいに讀賣さんや朝日さんから

「皇軍の神髄ここに発揮 あゝ何んたる崇厳!何んたる壮烈!」
「銘せよ、この気魄 銃後一丸、英霊に応えよ」

と賛えてもらう事を進言致します。

地域医療基金の見直しを検討(2009.10.8 NHK)

厚生労働省は、政府の行政刷新会議から今年度の補正予算をさらに見直すよう指示されたのを受けて、地域の医療機関で医師を確保するためなどに設けた基金の一部を執行停止にすることを検討することになりました。
(中略)
これを受けて厚生労働省は、地域の医療機関で医師を確保したり、新生児の集中治療室などの医療設備を整備したりするために設けた「地域医療再生基金」は、ほかの政策に比べて緊急を要するものではないとして、一部を執行停止にすることを検討することになりました。

子供手当は、過労でボロ雑巾のようになった医師や息も絶え絶えの新生児の命から出来ています。

 
 
国民、貴方は幸福ですか?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2009.10.02

かえるくん、がんばれ

地震と津波の被害がひどい事になってますね。一刻も早く救助、支援の手が届く事を願っています。

<スマトラ地震>政府、医師らを派遣へ(2009.10.1 変態)

中日新聞 社説・コラム一覧
・ 「鞆の浦」勝訴 ポニョも喜んでいる(10月2日)
・ スマトラ地震 防災の成果提供しよう(10月2日)
・ 1票の格差 国会は抜本策を早急に(10月1日)
・ 中国建国60年 寛容な大国への歩みを(10月1日)
・ 天下り根絶 新政権の力が試される(9月30日)
・ メルケル勝利 見たい新ドイツモデル(9月30日)

 
ねえ、サモア地震は?

東アジア共同体の範囲外だから友愛の対象じゃないの?
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | December 2009 »