« 謎の新聞紙 | Main | 私たちは信じている、言葉のチカラを。 »

2009.03.12

アルケミす

コマネタ(困った時にネタを提供する)機能をちょっと使ってみたりして。えーと、お題は「定額給付金、もらったら何に使う?」とな?

去年から「ぱーっと使ってやるからさあよこせ今すぐよこせ」と家庭内で呟き続け、いい加減鬱陶しがられていた私はちょっと手持ちをプラスして液晶モニタを買います。これで15インチ液晶ともおさらばだぜヒャッホウ!

本当はラケット(中古で3000円程度)も欲しいんだけど…

あれ?
いきなり液晶を買っちゃうと12000円が一気に無くなるけど、先にラケット買ってその残りと手持ち資金をプラスすれば買える物が増えるんじゃね?
やったよ、かあちゃん!錬金術に成功だ!
 
 
多分その後に、定額給付金の後夜祭という口実でゲームマウス(9000円くらい)も買うと思います。

  
◎今日の犯罪指南
フィリピン家族―森法相はここで英断を(あかぴー)

 一家は埼玉県蕨市で暮らしている。36歳の夫は、内装解体会社で後輩に仕事を教える立場になった。38歳の妻は専業主婦。13歳の娘は、音楽の部活動に打ち込む中学1年生だ。

 どこにでもいそうな3人家族。フィリピン人のカルデロン一家である。

 一家は17日に強制送還されるかもしれない。両親が90年代前半に、それぞれ偽造旅券を使って入国したからだ。

 妻は06年に不法在留で逮捕され、執行猶予付きの有罪となった。昨年9月には一家の国外退去処分が確定した。
(中略)
 一家はすでに地域社会を構成する隣人として認められ、職場や地域に十分貢献している。一人娘は将来、日本を支える一人になってくれるはずだ。

 日本に不法に残留する外国人は約11万人とされる。日本社会に溶け込み、いまさら帰国しても生計が立たない人々は多いだろう。在留特別許可も年1万件前後認められている。


どこにでもいる不法入国犯罪者ですか?とか入管の存在意義を何と心得ますか?とか最後にしれっと書いてる在留特別許可1万件は不法退去処分者へのものだけの数字じゃないですよね?とか、全体的にツッコミ所しかないという近年希に見る程の毒電波ですが、それはさておいても

DFA to help Pinoy family facing Japan deportation(2009/3/12 GMANews.TV)

“The DFA and other concerned agencies are ready to extend humanitarian and other (forms of) assistance to the Calderon family,
including their re-integration into Philippine society, contingent on the results of the proceedings under way
in Japan with respect to that country’s implementation of its laws," said DFA undersecretary for migrant workers affairs Esteban Conejos Jr. in a statement on Thursday.

超訳
「社会復帰する手助けしてやるから余所様に迷惑かけてないで帰ってこい」Byフィリピン政府外務省
 

安心して全員さっさと帰れ。

 

コネタマ参加中: 定額給付金、もらったら何に使う?

|

« 謎の新聞紙 | Main | 私たちは信じている、言葉のチカラを。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/44324549

Listed below are links to weblogs that reference アルケミす:

« 謎の新聞紙 | Main | 私たちは信じている、言葉のチカラを。 »