« October 2008 | Main | December 2008 »

2008.11.26

先生何やってんすか

野良プロが出没する事で有名な某所をふらふらしていたら、野生化した野尻抱介を発見したのだ。

先生、家庭用オシロやらMyボール盤やらマジパねえっす。ところで敢えて聞きますがどっちが本業ですか?

しかもさらにふらふらしていると、中の人が芦辺拓される人まで。

だからあんたら本業は(ry


◎今日のありがたいにも程がある

仏教の新たなる可能性を見た。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.11.19

一つリカバリしてはユーザのため

ユーザさんにパソコンの調子が悪いんだけどと言われて見に行ったら、UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUMEのBSoDを出しておっ死んでたのですよ。

しかも回復コンソールでCHKDSKしようとしても、ディスクにエラーがあるとか抜かして処理を中断する始末だ。お前はそれを直すコマンドだろうがボケぇと悪態をつきつつ、仕方ないので色々チェックしてみると、どうもシステム的に致命的な箇所にバッドセクタが発生してる気がががが。

普段なここでサクっと諦めて、ユーザさんにご免なさいしながらOS再インストールするんですが、今回はもう少し悪あがきしてみました。

で、探し当てたのがこのHDD Regenerator。理屈はよー分からんのですが、磁性体の極性変化による物理エラーを修復するというステキツールです。復旧確率は60%程度との事ですが、元々為す術がなくて全てパーな状態から復旧できる確率としてはなかなか有望なんじゃないでしょうか。

サイトからダウンロードできるTry版でお試ししてみたものの、機能制限のため1度の処理で1個だけ修復(再起動すればまた1個修復可能)という作業をちまちま繰り返しているうちにブチ切れて、私費で購入してしまいました。

何で私費かっつーと、クレジットカード決済の海外シェアソフトを購入するための経費処理フローが、うちの会社に存在しないから。いや、実際は経理の中の人に聞けば何かしらあるかもしれないけど、そんなんじゃ間に合わねえんすよ!事件は経費処理フロー上で起きてるんじゃない、現場で起こってるんだ!

まあ細かいことはさておき、何かの時のためのツールとして持っていても損はありません。ちなみにお値段$59.95で、2008/11/17現在のレート換算でおよそ6200円。これくらいならいざとなれば備品購入で貯めたヨドバシポインt(ry

そんな訳で改めてHDD Regeneratorを起動すると着々と修復していきます。おお良い感じ。

 
(4時間経過)

 
まだやっとんのかい!

試しにHDD Regeneratorを一度終了させてWindowsを起動してみたら、デスクトップを表示するところまでいきました。それまでは何をどうしてもBSoD以外表示しなかったのに結構な進歩です。マウスが動かせるだけでその他はファイル選択すら出来ないけど。

この後、業務効率的な問題で結局まっさらにしてOSリカバリを試みるも、HDDエラーでそれもままならないっつーオチがつくのですが、なかなか使えるツールだと思います。ちなみにTry版でもDOSバッチファイルをゴニョゴニョすると、法律に触れない工夫の範囲で連続処理ができるみたいなので、興味がある人はそっちも試してみるといいと思うよ!

 
◎今日の「あなたを、犯人です」
1. 変態新聞社記者が、Wikipediaの元社保庁次官襲撃事件に関する投稿タイムスタンプを勘違いし、犯行予告があったとネット上に記事掲載。(Wikipediaの投稿タイムスタンプはUTCなので、UTC+9:00なJST基準で時間をみると犯行前に投稿されたと勘違いする)
 ↓
2. 某所での祭りに気付いた社員がネット上の記事を削除。しかし魚拓を取られる。
  Baka1
 ↓
3. 駄目押しに誤報記事が載った朝刊の修正は間に合わずに配達&販売
  Baka2
 ↓
4. それを信じた他局がニュースとして放送してしまい、巻き添えの赤っ恥をかく。
  Baka3_2
 ↓
5. 各放送局にニュース記事誤報の通達が始まる。番組の各キャスターがアドリブで必死にスルー完了。
 ↓
6. Wikipediaに投稿した人物のHNを新聞で大々的に晒される。どうでいいけど大阪14版の扱いデカ杉。
  Baka4_2
 ↓
7. テロ朝早く気付け!他局が自粛する中、またも誤報記事を大放送。
  Baka5
 ↓
8. Wikipedia投稿者、騒ぎに道義的責任を感じてWikipedia上で謝罪&警察等へ事情説明。←いまここ

殺人事件の取材でもハナクソほじりながらネットでネタ集めかあ。しかも検証なしで垂れ流し。さすがネット君臨という名連載で、インターネットの負の側面について世に訴えた変態新聞社はやることが違いますね!真実を追究のため日夜努力しているTV局の皆様にも頭が下がる思いです。時に最近は大学でもレポートにWikipedia使ってないかくらいはチェックしてるそうですよ?

これで金もらえるからマスコミと乞食は3日やったらやめられないんでしょうね。

☆追記
おわび:「ネットに犯行示唆?」の記事について(2008/11/19 変態新聞)
(内容はいつもの戯言なのでカット)

元記事は「犯行示唆」「犯行を示唆する書き込みがあったことが分かった」と断定してるようですが、そのクエスチョンマークはどこから出てきたんですか?

「自分らも未確認情報だと思ってたんスよ」的な姑息な演出をしてるように見られるから、やめたほうがいいんじゃないかなあ(クソ棒読み)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.11.06

光の速さで明日へダッシュさ

ひかりOneホームのギガ得プランに申し込んでみました。

現在はフレッツ光+Niftyなのですが、これをひかりOneホームギガ得に変えるメリットはこんな感じ。


  • ネット+電話の利用で月額1300円くらい安くなる。

  • プロバイダはそのままで回線のみ移行でも、移行キャンペーンとして当初2ヶ月は料金が丸々無料。

  • 初期費用の31500円も今なら24ヶ月分割してその金額を割り引きするという実質無料キャンペーン中なので、月額料金以上の金は不要(登録料は除く)。

デメリットとしては、24ヶ月以内に解約すると初期費用の残金を一括払いしなきゃいけない事と、2年更新の契約なので契約月以外での解約は約1万円の解約料がかかる事くらいです。

そして何より導入を決定した最大の理由は、近所のSofmapで申し込むとSofmapのポイントが20000円分もらえるという点。これはデカイ。むしろ月額とか帯域1Gbpsとかどうでもいいと思う程にキャッチーです。<えええええええ

 
あ、そしたら1F-2F間の通信速度がなぜか10Mbpsになってるのを何とかしなきゃ。めんどくせー。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

« October 2008 | Main | December 2008 »