« じくうがゆがむ! | Main | 昔開戦、今解散 »

2008.10.11

彼の名はアムネジア

世界の株安―資本注入へと踏み出せ(2008年10月9日 あさぴー)

 日本は複合不況の時代に、財政出動による単純な需要拡大策を優先し、金融機関への資本注入を後回しにした。その結果、金融収縮と不況との悪循環が拡大して10年を失った。

(中略)

 英政府はきのう、約9兆円の公的資本を銀行へ注入する救済策を発表した。各国とも資本注入策を模索しているようだ。日本はバブル処理に苦闘した経験者として、そうした対策を強力に働きかけることが大切だ。

前段部をさらっと流してますが、経験者としての働きかけっつーと「政府が公的資金投入を検討すると、メディア各社が責任論を大合唱して反対し、調子に乗った野党がピケ戦術で抵抗した挙げ句にぽしゃるから気をつけろ」って忠告ですよね?


◎今日の新興宗教

Q.会社の給料が安いです
A.政権交代すれば上がります

Q.滞納者が税金を払いません
A.政権交代すれば払ってくれます

Q.持ってる株の値段が上がりません
A.政権交代すれば上がります

Q.本当に政権交代で全部解決するの?
A.政権交代すれば解決します

Q.政権交代後どういう方法で解決を?
A.政権交代したら方法が判ります

Q.今方法が判らないのになぜ言えるの?
A.政権交代すれば自民党政権から全てが変わるからです

Q.なぜ全てが解決すると言えるの?どうやるか方法も判らないのに?
A.政権交代したことがないのに、なぜ解決しないと判るのですか?
  政権交代してみなければ解決するかどうかは確認できません。
  政権交代してみれば方法が判るかどうかを確かめることが出来ます。
  政権交代してもいないのに出来ないと言うのは間違っています。
  政権交代を一度させて結果を見てから否定してください。

Q.じゃあどうしろと?
A.政権交代させてください。一度政権交代すれば全て判ります。
  全ての問題が解決するんです。

|

« じくうがゆがむ! | Main | 昔開戦、今解散 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/42753387

Listed below are links to weblogs that reference 彼の名はアムネジア:

« じくうがゆがむ! | Main | 昔開戦、今解散 »