« August 2008 | Main | October 2008 »

2008.09.30

ワシントン、ワシントン、聞こえるか。

米下院、金融安定化法案を否決(2008/9/30 日経)

 【ワシントン支局】米下院は29日、最大7000億ドル(約75兆円)の不良資産を公的資金で買い取る金融安定化法案を賛成205、反対228で否決した。共和党議員の大半が反対に回ったうえ、民主党でも100人近くが反対票を投じた。


日本が公的資金注入を検討した時もそうだけど、どうしてビルから落っこちて脳みそ半分飛び出た人を目の前にして「ビルの責任者は誰だ」とか「自分がふざけて落っこちたのに全額税金で治療するのは許されない」とか「生活指導をちゃんとしておけばこうならなかったのに」みたいな話をしているんだろうか。

このあたりについてマスコミ各社様におかれましては、是非とも住専国会でピケ張って公金資金投入を遅らせた小沢先生にコメントをとってきてもらいたいものです。ちょうど代表質問の日には珍しく国会にくるみたいですから。


っつーかこのままだと冗談抜きに世界経済が死ぬ予感が。


◎今日のピンポイントツッコミ
まぶちすみおの「不易塾」日記のエントリに対する某所でのコメント。


502 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2008/09/30(火) 00:05:39 ID:+7eWtSCz
>>499
女性に向かって「一回やらせろ」と毎日しつこく迫り、相手に「じゃ、
やらせたらどうするつもりなの?」と聞かれて「それ聞くの、おかしくない?」
って答えてるようなもんだもんなあ。会話になってないし、キモいし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.09.26

サンプリング サンプリング ヤッホー ヤホー

浜の真砂は尽きてもメディアの馬鹿さ加減は尽きないようです。

首相にふさわしいのは? 東北の有権者に聞く(2008/9/24 河北新報社)

「首相にふさわしいのは果たしてどちら?」。東北の有権者30人に聞いた結果は、小沢氏が麻生氏を上回った。

また韓国メディアに遙かに劣るエセ調査か。

サンプルの抽出方法も母集団も有効回答率も信頼区間も誤差もへったくれもない、「統計」とか「社会調査」という概念に真っ向から喧嘩を売るような結果をもって何が言いたいんでしょうかね?

え?これは統計や社会調査の結果ではなく、純粋に有権者30人の声を届けたのだ、と?だったら個別意見の重み付けは全て平等なので、むしろ集計してはいけません。なまじ集計をすると、結果にあたかも何らかの意味がある(有意である)かのような誤解を与えます。

本質的にこの記事は「夫婦喧嘩の原因について新橋の酔っぱらいサラリーマン30人に聞きました」とか「新聞社前を通りかかるハト30羽に聞きました。好きな豆は何ですか?」なんてものと等価です。こんな小学生の自由研究未満の調査モドキをわざわざ社会面の半分を使ってカラーでやるなんて、新聞社って随分と金や暇が余ってるんですね。

どうせ調査地や対象に意味がないんだったら、河北新報社社員30人に聞けば手間も金もかからなくてよかったと思います。え?職業倫理に反する?はっはっは。こんな「マイナスイオンでお肌がすべすべに!」並のインチキを恥ずかし気もなくネットに公開しておいて何を今更。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2008.09.01

嘘の上塗り

毎日変態新聞さんが何かほざいているようです。

「毎日デイリーニューズ」刷新 改めておわびと決意

ダラダラと書いてますが、内容として意味があるのは以下の点だけです。

・サイトを新装開店します(パチンコ屋的な意味で)
・渋々ですが紙メディアでも捏造してた事を認めます。
・二度とやらないようにしますが具体的な対策はありません。

あれあれ?この前の「検証」とやらが全く機能していなかった件への言い訳がありませんよ?あと英字サイト側には

コラムを転載しているウェブサイトやブログなどへの削除要請も続けています。

これにあたる記述が一切無いんですけどどういう事ですかね?元の捏造記事は英字だったにも関わらず、削除要請は国内にしか出さないよ、という強い意志を表現しているのでしょうか。

いやいや、今回の件で大変反省されている毎日変態新聞社様ともあろうものが、よもや削除要請というのはただのポーズで実際は何のアクションもしていないなんて事は無いでしょうから、きっと以下の転載も必ずや削除要請される事でしょう。よい子は翻訳しないでね!

"The Cook, the Beast, the Vice and its Lover"(MDN WaiWai 2007年9月17日)

A disgusting and twisted restaurant in the Tokyo entertainment district of Roppongi is enticing warped rich folk with the opportunity to figuratively have their cake and eat it, too — with animals, according to Jitsuwa Knuckles (9/25).
Roppongi’s bestiality restaurant is being regarded by its main nouveau riche patronage of young company presidents and venture capitalists as a decadent practice only possible among the wealthy.
“Apparently, the restaurant started off quietly in the basement of a building that a real estate agent in Roppongi who couldn’t find any other tenants,” an S&M club worker identified only as M tells Jitsuwa Knuckles. “News about the restaurant spread through word of mouth and it became popular.”
M says she visited the members-only restaurant about half a year ago after being invited there by one of her regulars, a well-heeled lawyer.
At first glance, the first floor restaurant appears fairly nondescript. When a customer goes in, they give their name to a receptionist. When they are approved, they pass through a wooden door to be greeted by another door, this one made of metal. Passing a membership card over a scanner outside the door will automatically open it. Inside is an eatery that resembles just about any other Italian restaurant.
Membership in the restaurant is open only to those with an annual salary of at least 20 million yen, and a minimum cash flow of 100 million yen.
“After we got into the main restaurant, an employee escorted us down to the basement,” M says. “The walls were pitch black and the floor covered in a blood red carpet, so I guess the place must be a refurbished S&M club.”
Once the customer feels prepared, they will be presented with beast of their choice. In the lawyer’s case, it was a sow.
“I’d been told what to expect, but when I actually saw what was happening, it was as shocking as you’d imagine it to be,” M tells Jitsuwa Knuckles. “Later, the lawyer told me the appeal of the place just came about because when people have got money and done everything else, they turn toward bestiality.”
Once the lawyer had finished porking the pig, the couple returned to the first floor and sat at a table to dine. M says she was totally shocked when staff members carried in roast pork — made of the same sow the lawyer had earlier been with.
“I was about to vomit,” M says. “It was the same pig that had been squealing just moments before. Now, it had been roasted whole. I managed to avoid eating it by only having salad.”
Incidentally, prices range from 200,000 yen to 500,000 yen for a chicken, dogs cost somewhere between 300,000 yen and 800,000 yen, while pigs and goats start at around 800,000 yen. Charges are higher depending on whether the creature is female and how active it is.
“The owner says he is prepared to cook up any kind of animal at all,” M tells Jitsuwa Knuckles. “He even said he’d prepare elephants … but I think he might have been joking about that.” (By Ryann Connell)

その際は是非ともブログ上でそのプロセスを公開して、いかに毎日変態新聞社様が真摯に削除を求められたかを皆様にお伝えしたいと思います。


◎今日のクレクレタコラ
ニュースの素材、お寄せ下さい 〈朝日新聞社から〉

 中にある新設の窓口「こちら調査報道班」は、「ここに問題があるので、ぜひ取材してほしい」というような具体的な情報が対象です。いただいた情報は、調査報道担当の記者が取材するかどうか検討します。

あんたの業界に大きなネタが転がってるんじゃないかなあ(棒読み)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »