« 捏造がある。真実は見せない。 | Main | フィッシャ-マンズ・ス-プレックス »

2008.07.09

無理問答

比類無き変態さで新聞業界にその名を馳せる毎日新聞の件で、ちょっと面白いものがあったので某所より転載。変態という点で他の追随(略)な毎日新聞社に電話で突撃した人のお話です。(読みやすいように適宜改行等の体裁に手を加えてあります)

あ、文中のエクアドルの記事っつーのはこいつの事です。「エクアドルでは、日本人はジャングルに放たれた子供たちをライフルでハンティングする」なんて事が書いてあります。 この記事の何が問題かは、南瞑さんのこちらこちらのエントリをどうぞ。

95 名前:名無し草[] 投稿日:2008/07/05(土) 18:52:42
エクアドルの記事について毎日新聞社に電凹wしますた。

私「現在話題になっているエクアドルの記事についてお話を伺います」
毎「はい」
私「この記事にある日本人によるエクアドル人殺人事件は大変遺憾な記事と思います。この事件について更なる続報は予定していますか。これは人権問題としてもっとアピールして頂きたいのですが」
毎「エクアドルの記事だけでなく、今回のwaiwaiのコーナーで掲載されたコラムについては、エクアドルの件も含めまして、現在、社内で検証中です。結果については後日、紙面で発表させていただきます。」
私「ということはエクアドルでのこの「事件」について更に真相を調査・現地取材を検討しているということでよろしいでしょうか」
毎「いえ、そういうことではなくて、waiwaiのコーナーで掲載されたものについて、不適切な表現があったことをお詫びした上で現在チェック体制について調査中ということです。」
私「ああ、同コーナーにあった卑猥な表現を含んだ「コラム」についてですよね。あれは御社も不適切な表現があったとして発表したのですから、あれで私は納得しております」
毎「ありがとうございます」
私「ですが、このエクアドルの「事件」の報道については、卑猥・不適切な表現は見当たりませんし、これは人権問題であり、国際問題であり、殺人事件報道ですよね」
毎「・・・・」

96 名前:名無し草[] 投稿日:2008/07/05(土) 18:53:47
私「世界の人権問題に関心のある私としては、これは毎日新聞社さんのスクープとして一級品と思い、是非とも更に現地調査して事件の真相を究明して続報をおねがいしたいのですが」
毎「い、いや・・・・それは・・・」
私「これは殺人事件報道ですよねっっっ!!」(つよく同意を求める)
毎「いえ、先程らい申し上げている通り、waiwaiの記事については、このような多くのご批判を頂いたので、不適切な表現があったことをお詫びした上で現在チェック体制について調査中ということです。」
私「いえ、私は不適切表現については毎日さんも迅速に対応され、処分まであったとのこと立派な対応をしたと思っていますが?今、私は卑猥なコラムの批判をしているわけではありません。ネットウヨクっていうんですか、卑猥な文面で日本人を貶めたとか言ってる連中いやですよね。私はあくまでも「エクアドルで日本人がライフルで現地の子供を脅している」という事件についてお伺いしているのです」
毎「い、いえ、ですから今回の経緯をご説明しますと、waiwaiの記事は引用元を明記した上での引用でしたので・・・」
私「引用といっても毎日さんに責任はないのですか?」
毎「ございます。ですから社内で検証を・・・」
私「ということは、このエクアドルの記事について更に真相を取材する用意もあると・・」
毎「そういうことでは、ございません、不適切な・・・」
私「卑猥な表現の話は納得しております。私はエクアドルの人たちを心配しているのです。事件の真相を追及なさるんですよね?」
毎「・・・、そうですね、必要であれば・・・」
私「是非現地取材のうえ、続報をお願いします。看過できない人権問題です」
毎「個々の記事について取材するかどうかも含めまして、今検証を・・・」
私「検証? どういうことですか? このエクアドルの報道に卑猥・不適切表現が混ざっていないか探すということですか?私のみたところ見当たりませんが」
毎「いや、お客様はエクアドルのことだけをおっしゃって小さく捉えてらっしゃいますが・・・」

97 名前:名無し草[] 投稿日:2008/07/05(土) 18:54:09
私「小さい!? これ程の人権問題が小さいんですか? というか殺人事件でしょ、これ」
毎「あっ、すみません。小さいと言ったのは訂正いたします」
私「殺人事件ですよねっっっっ!!!!!!!!!」
毎「・・・事実であれば・・・そうですね」
私「はあ!? 誤報なんですかぁ?」
毎「ですから、それも含めまして現在検証を・・・」
私「つまり現地取材」
毎「いえ、これは引用記事でしたので・・・」
私「どういうことですか!! 」
毎「ですから、それも含めまして現在検証をしてますので、私からはお答えできる資料がてもとにありませんので・・・」
私「わかります。」
毎「ですから、それも含めまして現在検証を・・・」
私「では、続報もありうるということですね」
毎「ありえますが、約束はできません。検討中ですから」
私「そうですね。すべての記事に延々と続報を流す必要はありませんから、わかります。ということは、続報ががない場合は、この事件は事実だと読者が認識してよろしいということですね」
毎「私から、社の立場を説明することはできません」
私「信じるのは読者ですから、社の立場は関係ないでしょう」
毎「・・・」

98 名前:名無し草[] 投稿日:2008/07/05(土) 18:54:58
私「今、ネットウヨクが、少々 waiwai の卑猥な表現くらいのことで、御社に迷惑をかけているようですがこの批判に屈する形で、この日本人のエクアドルでの蛮行をすっぱぬいた記事までもが削除されては、明らかに御社に対する言論弾圧ですよね。新聞社としてそういう認識はないのですか?」
毎「ですから、それも含めまして現在検証を・・・」
私「言論弾圧に検証もなにもないでしょう。一体何を検証しているのですか?」
毎「不適切な表現を・・・」
私「いや、それは紙面でお詫びしたから、いいじゃないですかww 私は御社のその件を一切批判してませんよね」
毎「そうでした。わかります。」
私「この記事、・・・・いや「事件」つまり「殺人事件」も検証の対象なんですか?」
毎「そうです」
私「引用とは言え、この事件を誤報だと騒いでる連中がいっぱいいます。言論弾圧ですよ。私は毎日さんを信用しておりますから、この記事は、いや「さつじんじけん」は事実だと信じております」
毎「ですから、その件についても検証を・・」
私「信じたらおかしいんですか? 社内でこの件についても疑義がだされているのですか?」
毎「waiwai 全体として・・」
私「あのですね、これ不適切・卑猥表現はありませんよね」
毎「・・・そうですね。その記事にはありませんね」
私「後日、御社が紙面で不適切云々ということで、前回のお詫びと同様の発表をなさったとしてもこの記事については関係のないことですよね。それともこの事件そのものの信ぴょう性に社内でも疑義が出されているのですか?」
毎「・・・」

99 名前:名無し草[] 投稿日:2008/07/05(土) 18:55:17
私「ちょっと待ってくださいよ。でしたら、この記事については不適切・卑猥云々でなく、誤報だと訂正するのでは、読者の私は本当だと思ってもいいということですよね。」
毎「・・・それは・・・」
私「それとも毎日の記事はすべて信ぴょう性に疑義があるとでも」
毎「すべてではありません」
私「先日の秋葉原の殺人事件の報道も誤報の可能性があるということですか? 毎日の記事についてはそういう目で読むべきということか?」
毎「秋葉原の事件については常識として事実と広く認識されていると・・・」
私「そうですよ。それはメディアの流したものだから信じているわけです。私も現場を見たわけではありません」
毎「・・・」
私「もし誤報ならば、このエクアドル事件について、と明確に記事内容をわかるようにして訂正しないと読者は事実だと思いますよ」
毎「・・・それで、今引用だったので検証を」
私「読者が信じるか信じないかなど検証しようもないでしょうがw」
毎「ではなくて、記事の内容を・・・」
私「誤報なんですか?」
毎「・・・まだ、わかりません」
私「この記事は、卑猥な表現の問題などありませんよ。立派なスクープと感心するくらいです」
毎「・・・」
私「もし、この記事に訂正があるとしたら、それは前回のお詫びとは別に紙面に発表しないとマズイですよ」
毎「おっしゃることはわかります」
私「では事件の続報がない限りは私は事件を事実だったと思いますので、誤報ならば、はっきりと訂正を紙面に載せてください」
毎「ご意見ありがとうございました」


毎日新聞社側にとって一番都合の良い「不適切で卑猥な表現があった事は謝ってやってもいいぞ。え?捏造?何の事だね?」という落としどころを、逆に表現については不問にする事で粉砕してますな。また、WaiWai全体としての問題を検証するという点にフォーカスを当てて個別の話を矮小化しようとしている事に対して、人権問題や言論弾圧というさらに大きな話を持ち出す事で無効化している点も見事です。元々中身の無い「検証」についてひたすらツッコミ続けるところなんかは、鬼としか言いようがありません。(もちろん良い意味で)

そういえば本件について後手後手の対応発表にこんな事が書いてありますが

また、毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。

同じ様な落としどころに持っていこうとするでしょうね。早く来ないかなあ、7月中旬。


ときに、第三者機関「『開かれた新聞』委員会」とやらの面子は
・柳田邦男(作家)
・玉木明(フリージャーナリスト)
・田島泰彦(上智大教授)
・吉永みち子(ノンフィクション作家)
・冠木雅夫(「開かれた新聞」委員会事務局長・毎日新聞)
らしいですけど、事務局長は最大限甘く見て許容するにしても、新聞社から仕事を受ける側の人間が3人もいて第三者機関って言うんですかね?全員社外の人間だからこれでいいんだっつーのなら

第三者機関「『開かれた公共工事』委員会」
・大手太郎(ゼネコン勤務)
・仲買一夫(建築資材問屋)
・都築学(○○大学建築学部教授)
・下請留吉(中小工務店勤務)
・日ノ本官吏(事務局長:国交省建設施工企画課長)

みたいのもアリっすよね?

|

« 捏造がある。真実は見せない。 | Main | フィッシャ-マンズ・ス-プレックス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無理問答:

» 毎日新聞英語版サイトWaiWai問題(毎日新聞問題について考える その1) [日比野庵 本館]
「毎日新聞の英語版サイトが酷すぎる」問題を受けて、報道について考えてみたい。全9回シリーズでエントリーする。 [Read More]

Tracked on 2008.07.09 03:38

» 偽装報道(毎日新聞問題について考える その2) [日比野庵 本館]
毎日新聞本体のWEBで9年もの長きに渡って、こうした誤報道を流し続けていて、それでもただのゴシップなのだから実被害はないだろうとするのは相当に甘い考え。 [Read More]

Tracked on 2008.07.10 08:45

» 判断力の根源(毎日新聞問題について考える その5) [日比野庵 本館]
報道は、ニュース・出来事・事件・事故などを取材し、記事・番組・本を作成して広く公表・伝達する行為であり、言論の一種であると定義されている。 [Read More]

Tracked on 2008.07.13 00:32

« 捏造がある。真実は見せない。 | Main | フィッシャ-マンズ・ス-プレックス »