« December 2007 | Main | February 2008 »

2008.01.25

SPACE CADET

松浦晋也のL/Dから。

呼びかけ:「「宇宙開発に関する長期的な計画」に関する意見募集」 に意見を送って下さい

「松浦は狼少年か」と思われそうではあるのだけれど、残念ながら、一回の意見だけで動くほど日本の意志決定システムは機敏ではない。ねばり強く、機会を捉えて何度でも声を政治家や官僚、宇宙開発関係者に届けていく必要がある。

 そして一般国民からの声は、国民が思っている以上に効く。「どうせお上のやることになにいっても無駄さ」ということはない。声が一つならなしのつぶてになることも多いが、数が増えるとお上といえども無視はできなくなる。

 今回のテーマは重要である。文部科学省が「宇宙開発に関する長期的な計画」に対するパブリックコメントを募集している。締め切りは一週間後の1月31日木曜日だ。

「宇宙開発に関する長期的な計画」に関する意見募集の実施について:ここから募集要項と、資料である「宇宙開発に関する長期的な計画」について(中間とりまとめ)を共にダウンロードできる。

募集要項:pdfファイル
「宇宙開発に関する長期的な計画」について(中間とりまとめ):pdfファイル。今回の資料である。

資料をダウンロードしてざっと目を通してみました。

と言っても、正直私のようなドシロウトに全体像を掴むことなどできないので、興味のある宇宙探査に絞って詳細をチェーック。

また、宇宙探査は、一つのプロジェクトとしての規模が大きく、長期間に渡るものになりがちであることに注意し、プロジェクト期間として数年程度にまとまったものを組み合わせて計画的に進めるよう努める。

こいつは臭えーッ!「まー頑張ってはみるけど駄目なら駄目でしょうがないよねー、アハハハハー」的な臭いがプンプンするぜーーーっ!!

予算の関係で計画存続の危機に陥り、かつ現状も決して楽観できないはやぶさ2の事を考えると、文言のニュアンスが弱すぎるような。しかも直後の月面探査についての記述と比べるとあっさりしすぎ。

このあたり、素人意見でもいいのかなあと迷いつつも、どうせ送るのはタダだし駄目もとでパブリックコメントとして送ってみようかと思います。

私みたいに「素人がパブリックコメントを送るなんて大それた事してもいいのかにゃー。でも出来るのならやってみたいにょー」という人はそれなりにいるんじゃないでしょうかね。

またそんな人は「パブリックコメントっつーても今までやったことないし、どの程度のことをどうやって書けばいいか分からないにゅー」とも思ったりするので、テンプレートとまでいかないにしろ(そこまでやると逆に枷になるので)ざっくりとしたフォーマット、例えば

 ・論点:hogehogeのhugahugaについて
 ・要望:モニュモニュという点はフンダララとしてほしい。
 ・以下論旨を記述

みたいなものを教えてもらうと、少し敷居が低くなるんじゃないかと思うんですがどうでしょうか、松浦さん。


■今日のおまけ
http://d.hatena.ne.jp/hayabusafan/20080124/p3

おいこらちょっと待て。

某所でこんなの↓も見かけたし、もしや海外でこっち方面の需要ありまくりんぐ?

97 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2008/01/17(木) 00:08:58 ID:qK7LOZKh
あるところにFLStudioというガチDTMソフトウェアがありましたとさ

開発者( ´_⊃`)<ジャパンの「初音ミク」イイデスネ、ミーもああいうのホシイ

とある日本人( ^ω^)<OK、こんなのでいいかい?

( ´_⊃`)<ヤター!さっそく使うデス
ttp://www.flstudio.com/documents/artwork.html

オイオイなにやってんだwww


ワーナー、「マトリックス」などHD DVD 3作品の発売中止
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080115/whv2.htm

もうやめて!(以下略)、ビジネスの世界は厳しいねえ・・・
てか、HD‐DVD機買っちゃった人どうすんだ

98 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2008/01/17(木) 00:13:05 ID:5GWliR+e
>>97 まて。 お前らが欲しかったのはソレなのかwww

100 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2008/01/17(木) 00:18:54 ID:Y5Cv1lyb
>>98 何か問題でも?w

106 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2008/01/17(木) 01:05:13 ID:5GWliR+e
Jazが世界を制する、そう思っていた時代がボクにも(ry

>>100
フォーラム見てみた。
「バネロたんいいよね」とかなんかもう gol必死だなwww としか言いようがないw


| | Comments (11) | TrackBack (1)

2008.01.24

心に棚をつくれ

リンク張るほど中身は無いので省略。

中日新聞 - 2008年1月20日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2008012102081083.html

これでは『日本売りは当然』」との評価が定着しつつある。 株価下落の背景には、サブプライム問題にとどまらない、日本経済全体の停滞感がある。

世界的なサブプライム問題やそこから派生したモノラインショックよりも国内経済の方が市場に与える影響が大きいんだ。日本SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!

【産経抄】1月23日 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/080123/fnc0801230342000-n1.htm

政治の停滞など原因はさまざまあろうが、「もう日本はダメになるだろう」という悲観論がこの国を覆いつくしているのも「日本売り」を加速させている。

絶望した!「産業経済」新聞社がこんな陳腐な事を言う現実に絶望した!

中日新聞 - 2008年1月18日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2008011902080576.html

日本の株は世界的に「独り負け」の様相を呈し、「日本売り」が加速している。「斜陽」化の色合いを濃くする日本の立て直しを図るには、政治の明確なメッセージが必要だ。

世界同時株やs(ry


んー。
どれもこれも予想内のデムパだなあ。

 
と思っていたら、やってくれました。
さすが民主党党首。
 
2008/01/22-20:32 株続落、小泉改革が原因=民主・小沢氏(2008/1/23 時事通信)

 民主党の小沢一郎代表は22日の記者会見で、株価の続落について「競争力のある大企業が大きくなりさえすればいいという、小泉政権のまったく間違えた経済政策の結果が、今日(の株安)を招いている」との見方を示した。

多分この春くらいには「ヤルタ会談でルーズベルトが居眠りしてソ連の対日参戦が決まったのは小泉政権のせい」「勇者ロトの妻を塩の柱にしたのは小泉」「過冷却水に衝撃を与えると結晶化するのは小泉の力のおかげ」等々、驚くべき事実の数々が民主党の手によって明らかにされていることでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

2008.01.09

本日のびっくりどっきりギャグ

「参院議決権尊重決議」が浮上 民主が検討(2008.1.9 産経)

 民主党が、新テロ対策特別措置法案の衆院再議決への抗議として、「参院議決権尊重決議案」の参院提出を検討していることが9日、分かった。

 与党の新テロ法案の衆院再議決に対し「(昨夏の参院選で)直近の民意を表している参院の否決の議決を無視した」として、抗議の意思を表明する狙いがある。また、与党が通常国会で、揮発油税の暫定税率維持をめぐって平成20年度予算関連法案の衆院再議決を検討していることから、これを牽制(けんせい)する思惑もある。

えーっと……
よもや参議院のセンセーともあろう面々が、手順としてまず憲法改正が必要だということをお忘れではないですよね?あ、もしかして「俺たち参院を尊重して憲法第59条なんか無視しろ」とか?
 
護憲派で名高い共産党・社民党のセンセー皆様のご意見を是非とも伺いたいものです。
 
 
 
っつーかさ、こんなことして遊んでる参議院無くした方が早いんじゃねえの?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.01.07

僕らの図書館

国会図書館の本、全国で閲覧可能に・3000万冊をデジタル化(2008.1.7 日経)

貴重な名著をいつでもどこでも読めるように――。3000万冊を超える国会図書館の蔵書をデジタル化して全国で閲覧可能にするための法改正に政府が着手する。まずは都道府県立図書館の専用端末と接続。将来はインターネットを通じて自宅やオフィスで簡単に読めるようにする方針だ。

 政府は5月ごろまとめる知的財産推進計画2008にこの方針を盛り込み、2009年の通常国会での法改正を目指す。

おお、久しぶりに聞いた良いニュースだ。
4日が仕事始めにもかかわらずトラブル対応で2日から出勤したせいで荒みきった私の心も晴れやかに

 
 
なる訳がない。
 

まあそんなこんなで今年も宜しくお願い致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »