« 求めよ、さらば与えられん。 | Main | 僕らの図書館 »

2007.12.27

ロケットボーイズ

小沢代表 謝罪明記なら賛成(2007.12.25 NHK ※リンク先記事消滅)

この中で、小沢代表は、福田総理大臣が「薬害肝炎訴訟」の被害者を全員一律救済するための法案を議員立法で提出する考えを示したことについて「薬害肝炎は政府の責任であり、本来は政府が法案を提出すべきで、議員立法は筋が通らない」と述べました。
(略)
「『すべての肝炎患者を政府の責任で補償します』と言うだけの簡単な話で、何日も協議する必要はない。政府の決断の話だ」と述べ、法案作りに民主党は参加しない意向を示しました。

<民主>「参院先議」戦略不発 衆院で「壁」破れず(2007.12.26 毎日)

 多数を占める参院で独自法案を可決して与党に突きつけるという民主党の「参院先議」戦略が、不発に終わっている。26日までに13法案を参院に提出したが、成立したのは被災者生活再建支援法だけ。年金や農業など参院選のマニフェストで掲げた法案は全く見通しが立たず、来年1月15日の会期末を前に成立は絶望的だ。
(略)
民主党の直嶋正行政調会長は26日の記者会見で「与党に早く態度を決めてもらえれば、民主党と与党の違いが国民にもわかりやすい」と嘆いたが、衆院で多数を占める与党の壁を破れないのが現状だ。

どこの我が儘な甘えんぼさんですか?というお馬鹿系ほのぼのニュースの影で、我が国が世界に誇る(はずだった)秘蔵っ子中の秘蔵っ子、世界初の液化天然ガス系エンジンを搭載するところのGXロケットが秘蔵されたまま終わるかもしれないという危機が!!

中型ロケット「GX」計画、文科省が見直し検討(2007.12.23 毎日)

 日本が初めての官民共同開発ロケットとして、2011年度打ち上げを予定している中型ロケット「GX」計画について、文部科学省が見直しに乗り出したことがわかった。

 民間が米国から購入するエンジンが、米国側の都合で製造中止となり、別のエンジンに変更、大幅な追加費用が生じることなどが判明したため。民間が費用を負担するのは難しいと見られることから、同省は国が開発主体となる新中型ロケット開発計画に変更することなどを検討しているが、計画がさらに遅れるのは必至で、日本の宇宙開発政策に大きな影響を与えそうだ。
(略)
 国内には大型ロケット「H2A」がある。今後、国の衛星は中型衛星が多くなることや、世界の商用衛星打ち上げ需要に柔軟に対応するために、H2Aの半分程度の打ち上げ能力の中型ロケットの必要性が高まっている。GXがその役を担うと目されていた。

素人の私が単なる趣味の範囲で聞き囓った話では、

 大規模: H2A(液酸・液水)
 中・小規模: M-Ⅴ(固体)

となっていたものの、大→中の間に入りそうなものがちょっとアレだよねって事もあって

 大規模: H2A(液酸・液水)
 中規模: GX(LNG)
 小規模: M-Ⅴ(固体)

という計画になって、さらに「M-Ⅴのコストもナニだしいっそ固体ロケット無くしちまわね?」「ちょっwwwそれなんてJ-Ⅰロケット?www」「ロストテノロジー化テラヤバス」などなどの検討を経て結局

 大規模: H2A(液酸・液水)
 中規模: GX(LNG)
 小規模: 次期型(固体)

となりつつ、同時に開発そのものが遅延&予算巨大化コンボをくらうという、プロジェクト管理の(あまり嬉しくない意味での)モデルケースみたいな道を辿っていたような。

これらをどうすべきかという事は私などには正直見当もつきませんが、当初計画と比較してちょっと希望がもてないISSや、なにやら内部的にゴタゴタして翼がもげかかっている「はやぶさ2」などなどとあわせて、中の人にはよりいっそう頑張ってもらい、中長期的に見てベターな選択をしてほしいと切に願います。見通しがあるなら、それに見合った金と時間がかかっても構わないから。

あ、アメリカの有人月面探査計画には関わらない方がいいと私のゴーストが囁いています。大して根拠はありませんが、ひょうたんつぎもビックリな継ぎ接ぎっぷりと新規開発てんこ盛りのリスクが余りにアレな気が。

|

« 求めよ、さらば与えられん。 | Main | 僕らの図書館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/17490095

Listed below are links to weblogs that reference ロケットボーイズ:

« 求めよ、さらば与えられん。 | Main | 僕らの図書館 »