« September 2007 | Main | November 2007 »

2007.10.31

ハードワイヤード

家庭内LANの配線ルートを散々探索した結果、壁を通すのは無理&自分の手には負えないという結論が出たので、さくっと業者へ依頼しました。

業者にも見てもらったところ、やはり壁内を通すのは無理なので外壁ぶち抜いての配管がベスト、という結論になりました。私の目に狂いはなかったようです。全然嬉しくありませんが。

どーでもいいのですが業者のおじさん、Cat5e用RJ45ジャックを取り付ける手つきが若干あやしげで、カバーが閉まらずなかなか結線が完了しません。

「おかしいなあ。この前研修に行ったときは出来たんだけど」

ええい道具一式オレによこせ!と言いたくなるのをぐっと堪え、手順を思い出してもらうのを待ちます。どー見ても縒り線がきっちり奥まで入ってないのが原因だと思うのですが、こういう時私は一切手を出しません。

別に意地悪してる訳ではなくて、下手に手を出してトラブルがあった場合、責任分解点が曖昧になるのを防ぐためです。機器のトラブルは原因が分かれば割と簡単に直せるのですが、それに絡む金と責任のトラブルは解決にものすごいエネルギーを使う訳ですな。(どーしても無理っぽかったらアドバイスくらいはするけど)

なんとか原因に気づいてもらい無事結線完了です。試しにあちこちサイトを開いても特に問題は無さそう。よかったよかった。

気持ちよく金を払い、早速スピードテストだー。

 
下り受信速度: 10Mbps(10.7Mbps,1.33MByte/s)
上り送信速度: 6.2Mbps(6.22Mbps,770kByte/s)
診断コメント: Bフレッツ ニューファミリーの下り平均速度は32Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から20%tile)

 
うん、使い回しっぽいUTPケーブルを見たときからなんとなくこういう結果は予想してたんだ。

暇とやる気が出たらCat6用のジャックとケーブルに取り替えるつもりだったからいいもん。負け惜しみなんかじゃないもん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.10.15

男の仕事

休日出勤で今帰宅です。自宅の引っ越しの片付けも終わってないのに、サーバルームの引っ越しとか無茶だって。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2007.10.09

のたくんのお引っ越し

さて、いよいよ明日引っ越す訳ですが、困ったことにLAN配線の目処が立っていません。

どのみちNTTによる光回線移動は来週末なのですが、それまでにパソコンを置く部屋への配線をどうにかしなければ。引き込み予定箇所から、行き先不明な謎のCD管が一本だけあるんだけど上手いこと使えないかなあ。

時に今回家を購入するにあたり、意外だった点が幾つかありました。今後の参考のために書き残しておきます。<誰が参考にするんだ

・カーテンレールや網戸、TVアンテナはオプション
建て売り特有の話だと思いますが、素の状態だとついてません。しかも網戸は基本的にフルオーダーなので、家中に入れると十数万かかります。高えよ。

・書類上の家屋の値段はあてにならない
消費税の関係で家屋の値段はある程度調整された値段になるとか。(土地には消費税がかからないため、家屋分を少なくして土地の値段に乗せれば払う税金が少なくて済む)この手の話は理由は別として割とよくある話なのですが、火災保険の補償額をどうすればいいのかで迷います。銀行でのローン決済時、売り主に「ぶっちゃけナンボよ?」と聞いて解決しましたが。ちなみにその時、「その際はまたウチを指定してくれれば嬉しい」と縁起でもないお誘いを受けたので「リピーター割引はないのか」と聞いたら軽くスルーされました。残念。

・値引き交渉ができる
一番驚いたのがこれ。話を聞くと、建て売りは完成した瞬間から中古化の道を歩む上、売れない物件は売り主にとってはただの不良在庫なので、ある程度期間がたつと値引きされるそうな。ただこのあたりは、売り主と仲介業者との関係に大きく左右されるとのこと。で、今回私が買ったのも当初から数百万値引きされたものを、仲介業者を通じてさらに100万近く値引き交渉してもらいました。元値がでかいせいか値引きの単位も豪快です。

 
まあそんなこんなで、大学入学時から数えてかれこれ10回目の引っ越しで、ようやく落ち着くことになりそうです。個人的には、もうLP・都市ガスの違いでガスコンロを買い換えなくて済む(今ので4台目)というのが一番の喜びポイントだったり。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2007.10.05

ヒストリエ

事実よりも感情を優先すべきと言うのなら、学問としての歴史なんか豚のエサにでもすればいいのに。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »