« August 2007 | Main | October 2007 »

2007.09.26

まだまだシリア空爆続報

来たぜええええええ。

北朝鮮出港の船舶のシリア到着確認、ミサイル関連材料か(2007.09.19 CNN)

ワシントン(CNN) 米国防総省当局者は18日、北朝鮮を出港、シリアへ向かっていた船舶数隻を過去数週間、追跡し続け、一部は既にシリアへ到着した事実をつかんでいることを明らかにした。米軍、諜報(ちょうほう)機関の情報としている。
(中略)
米政府当局者は、イスラエル機の領空侵犯直後、イスラエル軍機の爆撃目的はシリアがレバノンのイスラム強硬派組織ヒズボラに供給する武器保管庫だったことを明らかにしていた。

これ、ちょっと前にニュースになった、太極旗を掲げて(しかもなぜかその国からの抗議もなく)入港した北朝鮮の船がその後行方不明になったって話の続きな気が。

で、これまでのニュースを総合して考えると、
シリア・イラン・北朝鮮:4翻
ヒズボラ:6翻
核拡散:3翻
で数え役満の完成ですな。

そりゃあブッシュ大統領が国連で「新・悪の枢軸」認定するってもんです。

北朝鮮は残忍な体制と非難 米大統領が国連演説(2007/9/26 東京新聞)

 【ニューヨーク25日共同】ブッシュ米大統領は25日、国連総会一般討論で演説し、北朝鮮、シリア、イランなどを「残忍な政治体制」と名指しで非難した。北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が27日から始まるのを前に北朝鮮側を刺激しそうだ。

このタイミングでぶちまけたとなると、当然明日以降の米朝会談そして6者協議にも影響が・・・というかまともに協議なんかできるんだろうか。下手したら6者協議ご破算→安保理送りまであるような。加えて、アメリカの国防省VS国務省の綱引き、10月に劇的発表と噂される南北朝鮮統一連邦へのロードマップの行方、見所盛り沢山です。

次号、詰むや詰まざるや。
 
 
 
★今日のお前が言うな
領収書添付、難航必至 民主は「公開前提」譲らず(2007/9/26 あかぴー)

領収書の発行元の住所など個人情報の一部については伏せることも検討しているが、あくまで公開が前提。小沢代表は25日の記者会見で「一般に公開しない公開なんて、公開じゃない」と自公合意を批判した。

小沢ハウスの売買確認書を公開する時、マスコミ以外シャットアウトしてコピーもとらせなかったという事実は……きっと食事中に忘れてしまったんだろうな。しかも公開したのは10億円の内、4億円分だけだったような。まあ例によってマスゴミはその後華麗にスルーしてましたが。

| | Comments (9) | TrackBack (2)

2007.09.24

もっとシリア空爆続報

Israel-Syria peace feelers languish in U.S. freezer(2007/9/23 Reuters)

<超訳>
とりあえずシリアをタコ殴りにする

すかさず交渉のテーブルまで引きずって行き「さあ愛と平和について語ろうか」と微笑みかける←いまここ

どこからともなく現れたアンクルサムとクレタの妃が「HAHAHAHA!そうそう、話し合いは大切ですNE!」と言いながらシリアを椅子に縛り付ける

テーブルの下でお互いの足を激しく蹴りこみつつ全員にこやかに握手
<超訳ここまで>

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.23

さらにシリア空爆続報

前回のエントリのタイトルが意味不明っぽかったので変更しました。
で、しつこいようですが続報です。

Israelis seized 停止nuclear material in Syrian raid(イスラエル、シリア領から核物質奪取)(2007/9/23 The Sunday Times)

<ここから超訳>
いいぞ、ベイベー!
シリアから見つかったのは放射性キムチだ!
イラク、イランにあるのはよく訓練された放射性キムチだ!!
ホント、核の回廊は地獄だぜ!フゥハハハーハァー
<超訳おわり>

おそらく今後IAEAあたりに持ち込まれて、核物質がどっから出てきたのか検証(っつーか北朝鮮製であることの確認作業)がされるでしょう。

さて、ここらまでくると何で私この問題をおっかけてるのか、さらにこのブログで「中東・アジア」というカテゴリにつっこんでるのかが分かって頂けるかと思います。

6者協議、アメリカ、北朝鮮、核開発放棄。そんなキーワードを胸に、今後の推移をワクテカしながら眺めていきたいと思います。

 

★今日の連想ゲーム
「フィクサー」熊取谷氏、傘下30社が所得隠し30億(2007/9/22 読売新聞)

 財界や官界とのパイプを持ち、「政財界のフィクサー」とも呼ばれた熊取谷(いすたに)稔氏(67)とグループ企業約30社が東京国税局などの税務調査を受け、2006年までの7年間で計約30億円の所得隠しを指摘されていたことが、関係者の話でわかった。

えーっと。
小沢一郎とか亀井静香とか加藤紘一とか舛添要一とか平沢勝栄とか。あと渡部恒三や古賀誠、二階俊博あたりも入ってくるんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シリア空爆続報

この前ちょっと触れた、シリア空爆絡みでまたまた続報が。

攻撃されれば爆撃する=イランがイスラエルに警告(2007/9/20 時事通信)

【テヘラン19日AFP=時事】イランのアラビ空軍副司令官は19日、もしイスラエルに攻撃されれば、イランは同国を爆撃するだろうと警告した。ファルス通信によると、同副司令官は「イスラエル政権による愚行がある場合には、イランの爆撃機がイスラエルの国土に対して報復攻撃を実行するという計画をわれわれは提示している」と語った。

フランスがNATOに正式復帰してますます殺る気を見せてるし、どんどん事態は香ばしくなってる気が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.20

横たわるのは犬と豚

晩飯を食うついでに、久しぶりにチラシの包み紙もとい新聞を読んでみました。

その中で「夫婦で職求め 東京漂流」という記事が目にとまりました。

宮城在住の40歳無職の夫と27歳の妻が定職を求め上京するも、様々な現実の壁にぶちあたり、ついにはネットカフェ難民となり最後は生活保護を受ける、というような内容です。まあ旦那はその年まで何してたのか一切触れてねえじゃねえか、とか色々ツッコミどころはありますが、あえてここではスルーします。

しかしさすが自称くおりちーぺーぱーです。格差社会の狭間で翻弄される無辜の人の哀しみ、諦観、また問題に対する行政の不作為をトーンを抑えつつも精緻に描き出す素晴らしい記事でした。すいませんちょっと難しい単語を使ってみたかっただけです、意味はよく分かってません。えーっとそんで何だっけ。ああそうそう。定期雇用の必要性がどうとか。(記事自体に興味が無いので投げやり気味に)
 
 
朝日新聞総合サービス

朝日新聞総合サービス(AGS)は、1983年(昭和58年)3月に朝日新聞社の100%子会社として設立。(中略)朝日新聞社の業務受託や人材派遣事業へと業務を拡大し、「未来を創る信頼のパートナー」をスローガンに、お客様に安心と満足をご提供しています。

派遣システムQ&A
Q3
∩( ´Α`)< 正社員への登用はありますか?
(-@∀@)ノ< ありません。派遣期間は最長でも3年間の契約になります。
 
 
 
 
さすが赤匪だ。
非正規雇用の丁稚ごときが生きようが死のうがなんともないぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.19

読了:そのケータイはXX(エクスクロス)で

以前「コスプレ幽霊 紅蓮女」を読んで、いろんな意味で「こいつは大物だぜえ」と確信した上甲宣之です。

デビュー作にも関わらず期待通りの大物っぷりを見せつけてくれました。ここまでやってくれれば文章が超絶的にアレだとか、数十年前の少年漫画もビックリなご都合主義とか、気が遠くなる程強引な纏め方などは些細な問題でしょう。

巻末の解説で杉江松恋が

小説は、「序・破・急」の構成で書かれており、「破」の部分が異様に長い。映画『少林寺』ではないけど「破・破・破・破……」といった具合にいつまでもどんでん返しが続き、読者をトランス状態にも似た幽明の境地へと誘っていくのである

と書いていますが「それって単に序と急をまともに構成する力が無いだけじゃねえか」などと突っ込むのはやめましょう。生暖かく見守るのが人情ってもんです。
 
時に上甲宣之の作品全般に言えることですが、地の文やら台詞やらお構いなしに「いけるっ!」とか「電話してくるなんて――っ」とか、エクスクラメーションマークやダッシュ+っ を多用するには、壮絶に馬鹿っぽくかつ鬱陶しいのでやめたほうがいいと思います。あしべゆうほの漫画に出てくる叫びまくりな主人公じゃないんだから。
 
そういえば別の作品の帯に、今世紀最大のオポンチ作家との誉れが高いYoshiが推薦文のようなものを書いてましたが、多分Yoshiが目指す世界の半歩先を行っているのが上甲宣之なんだと思います。どんな世界なのか興味はありませんが。

 
まあミステリというよりギャグ小説として読むと、とても楽しめると思います。たとえその後、「これが『このミス』で2位だったって事自体がギャグだろ」と思ったとしてもそれは貴方の気のせいです。
 
 
 
 
 
今回は気力すら失せたのでAmazonのアフィリエイトを貼るのはパスです。あ、あと出版社とか明記してなかったっけ。でも面倒だからいいや。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

2007.09.18

まっくら くらのくら

当面色々きな臭い話が出てきそうなんで、「中東・アジア」カテゴリを作ってテロ関連を追っかけてみようかなと思ったり。

で、早速某所にてイスラエルによるシリア空爆の絡みでこんな話が。
----------
211 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2007/09/17(月) 19:23:57 ID:YcBJ5hbb
イスラエルのシリア空爆について、かなり詳しいイスラエルTVのビデオ(英語)

Israel Thwarted Syria's Plan To Attack (イェルサレムのTVニュースのうpサイト)
ttp://www.infolive.tv/en/infolive.tv-12385-israelnews-israel-thwarted-syrias-plan-attack

Secret information that Syria was in the midst of establishing a nuclear facility
with North Korean help, was received by Israel months ago. Aside from Meir Dagan
head of the Mossad, Prime Minister Olmert and cabinet and senior IDF commanders,
no one else was informed. The information was later transferred to leading US
Administration officials who first doubted the information. Later however it
became clear that Syria was intent on surprising Israel with a devastating attack.
Israel acted and thwarted the "Syrian surprise," the details were reported in the
world media.09/17/07
北朝鮮の船がシリアの港に入った9月3日以降の、イスラエルの内閣やイスラエル軍の
動きを説明している。かなり決定的な口調で報道しているわけだが・・・むむむむ!

215 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2007/09/17(月) 19:41:35 ID:YcBJ5hbb
>>211
0)北朝鮮の支援でシリアが核施設を建設中との情報を6ヶ月前に入手
1)イスラエルはアメリカ政府に連絡したが、アメリカは懐疑的
2)イスラエルは軍事衛星の写真偵察目標をシリア北部に変更、調査開始
3)偵察写真から北朝鮮とのリンクが確認された
4)8月中にイスラエル閣議が6回開かれて対応を検討
5)9月3日に北朝鮮の船がシリアに入港
6)9月4日、イスラエルの緊急対策閣議、攻撃決定
7)9月5日、特殊部隊員がシリア北部の「農業研究所」にむけて侵入開始
8)9月6日未明、爆撃用のF15とエアカバー用のF16等が出撃、地上隊員が目標を
  レーザー・ポイントして空爆成功
----------
はい、ここでも北朝鮮-シリアラインが出てきましたね。もちろん北朝鮮は空爆が発覚後、全力で否定してるようですが。まあ、たとえ本当でも「はいそうです」という馬鹿はいないわな。

あとここに来て「華麗なる死の商人」「欧州の中華主義国家」「ヨーロピアンジャイアニズム」の異名を持つフランスが、ものすげえ殺る気になってるようです。

イラン核「最悪事態も」 仏外相、独自制裁を準備 (2007/09/17 09:06 共同通信)

 【パリ17日共同】フランスのクシュネル外相は16日、イラン核問題で外交交渉を重視する姿勢を確認する一方、「最悪の事態に備える必要がある。(それは)戦争だ」と述べ、厳しい姿勢でイランと対峙していく姿勢を明確にした。

新聞をろくに読んでないんで報道されてるのか知りませんが、

仏大統領、核戦力共有を持ち掛け=メルケル首相は拒否-独誌(2007/9/15 時事通信)

 【ベルリン15日時事】ドイツの有力週刊誌シュピーゲル最新号は、フランスのサルコジ大統領が10日の独仏首脳会談でメルケル首相に対し、フランスが持つ核戦力の共有を持ち掛けていたと報じた。ドイツで核兵器保有は政治的タブーになっており、首相はその場で断ったという。

この記事とセットで非常に香ばしいニュースですね。特に後者は国際面のトップに来てもおかしくないような。第二次世界大戦について言論の自由も存在しないドイツ代表として、メルケルさんは鼻からザワークラウトを吹き出しそうになったんじゃなかろうか。

原型が北朝鮮製テポドン1号のイラン製ミサイル、シャハブ4号の射程距離(2000~2500km)を考えると、ヨーロッパが核の射程距離に入ってくる訳で、そらもうケツに盛大な火がつく訳です。そういえばアラブ方面からも、この件ではクレームが出てませんね。

同じくあまり報道されて無いっぽいアメリカのノーマン・シュー事件(ソース出すの面倒だから各自ググレ)も絡みつつ、中東・アジア情勢はまだまだカオスが続く悪寒。

 
 
いっぽうにほんでは 「かいじのきゅうゆかつどうせつめいかい」 がおこなわれようとしていました。

約10カ国大使が合同説明へ 海自の給油継続要請で(2007/9/15 共同通信)

インド洋での海上自衛隊による給油活動継続のため、アフガニスタンやインド洋に部隊を派遣している約10カ国の駐日大使が、与野党国会議員を対象にテロリストの海上阻止活動に関する合同説明会を計画していることが16日、分かった。米英両国に加えパキスタンやフランスなどの大使が参加する見通しで、国際社会一体の活動であることをアピールし、海自活動の継続を「説得」する場になる。


 
もうね、アフォかと(ry

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.15

テロ特措法(4)

長々とクソ面白くもない事を書き連ねて、やっと最後までたどり着きました。これまでを踏まえて巷に流れる意見に対して、ごく控えめにコメントすると以下の通りとなります。

・アメリカのガソリンスタンドでいいのかという世間の声
→ええ、世界でたった一つのスタンドですが何か?しかも欧米・中東・アジアの安全ピンも兼ねてますが何か問題でも?

・対テロ特措法への反対を大々的にとりあげる腐れマスゴミ
→死ね。中東・中央アジア情勢における日本の立ち位置を解説してからインド産冷凍マグロで頭かち割って今すぐ死ね。

・今世界で最高に空気が読めない民主党
→死ね。世界中の軍隊と石油関係者から怨嗟の声を浴びつつ原油の海で溺れて今すぐ死ね。

 

と、思ってたら我らがマスゴミがやってくれますた。

■Before
テロ特措法延長に反対54・6% 民主、自信深める 合同世論調査(8/30)
海自給油活動延長に賛成29%、反対39%…読売世論調査(9/10)

■After
福田氏28%でトップ 次期首相、麻生氏は18% (9/14共同通信)

海上自衛隊のインド洋での給油活動については、テロ対策特別措置法が期限切れとなる11月1日以降も「延長すべきだ」とする人が47・9%で、「延長すべきではない」の42・5%を上回った。

 
いやー、やっぱりメディアでロクな解説がして無くても理解してくれる人はいるもんだねえ。さすがマスゴミの力。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
んなことある訳ねえだろ( ゚Д゚)ヴォケ!!

たかがこれだけの駄文書くために、どんだけオレが仕事さぼって資料ひっくり返したと思ってんだYO! お前らここ最近、どうでもいい金の事と安倍首相の責任突っつきながら、特措法の廃止を煽ってただけじゃねえか。新聞記事に特措法の理解を深めるような記事は、掛け値なしにビタ一文載ってなかったぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テロ特措法(3)

では今回テロ特措法が成立できずに「対テロ作戦いーちぬーけた」とやるとどうなるのでしょうか。

まず直接的には、アフガンでの対テロ作戦が大幅見直しとなります。そりゃそうです。人間が飯食わないと動けないように、補給なしで活動できる軍隊など世界中どこにもありません。

このとき日本が得る物は以下の通り。

・世界中が協力している活動からケツをまくったという評価
・シーレーンの不安定化によるオイルショック

さらに前述の通り、日本はパキスタンをつなぎ止めている唯一の免罪符ですから、パキスタンとしては対テロ活動から離脱せざるを得ない状況になる可能性が非常に高いです。このとき、パキスタン国内ではテロ支援勢力が強くなる事は必至です。で、忘れちゃいけないのがパキスタンは核保有国です。この状況でテロ組織に核が流出する可能性は無いなんていう馬鹿がいたら是非紹介してください。有給とってでも顔を拝みに行きます。

またまたここでテロの的になってるサウジアラビアの出番ですが、彼らはテロ組織が核を持つことを非常に恐れています。当たり前ですね。ですので彼らはこう明言しています。

「パキスタンからテロ組織に核が流出したら、我々は全オイルマネーを北朝鮮にぶっこんで核兵器を開発させ、核の保有に踏み切る」

もちろん洒落や脅しでの発言ではありません。100%本気です。さすが何千年と殺し合いしてきた国は、性根の入り方が違いますね。でこうなった場合、当然中東諸国では核保有合戦が始まります。ある国はテロ組織から、またある国は対テロのため。もちろん北朝鮮はロハどころか、顎足付きで核と外貨をゲットだぜ。

このとき日本が得る物は以下の通り。

・テロ組織への核流出を引き起こした原因という評価
・中東核ドミノの引き金を引いた戦犯という評価
・「核保有を手助けしてくれてありがとう」という北朝鮮からの感謝

これ、大げさだと思いますか?

でもね、対テロ作戦に参加してるパキスタンやそのメインステージであるアフガニスタンを始めとした中央アジア、サウジアラビア・カタール・UAE(後者2国は補給艦船へ港湾設備を提供)やらの中東諸国って、現在リアルタイムで暗殺やテロが起きてる国ですよ?

あとここにシリアやイランあたりも含めてこれらの国々は、テロ組織に北朝鮮経由で洗浄した資金で北朝鮮製のソ連ライセンス兵器を迂回提供し(そしておそらく現在も継続中)、おかげで北朝鮮は外貨獲得できてウハウハなんつー事をしてる訳です。「悪の枢軸」や「テロ支援国家」の呼び名は、アメリカの都合だけで付けられてる訳じゃない事を認識してもいいと思います。
 
たいがい鬱になりそうですが、事実は事実として認める勇気が必要だと思います。
 
 
 
■ここでのポイント
・日本が給油活動から抜けると、ポイントをまとめる気力が無くなる程国際的に最悪な事態となる
・その事態は日本人の実生活と安全保障に直結する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テロ特措法(2)

さて、めでたくパキスタンが対テロ作戦に参加する事となりましたが、逆にそのことで抱える事となった問題はなんでしょうか?

単刀直入に言えばアメリカの存在です。

前回でも触れたとおり、パキスタンにはテロ組織を支援する勢力が少なからず存在します。そしてテロ組織の「ぶっ殺すリスト」ナンバーワンは間違いなくアメリカです。

いくら自由主義諸国の後ろ盾が欲しいとはいえ、露骨にアメリカと行動をともにするのは、パキスタンの国内安定化にとって非常にまずい話です。テロ支援勢力を勢いづかせる口実となってしまいますから。

さてどうしましょう。

そこで各国の偉い人たちは考えました。
「バッファ(緩衝)として仲介してくれる国がいれば各方面に言い訳が立つんじゃね?」

ここでバッファとなる国の必須条件は以下となります。

・非キリスト教国家かつ非イスラム教国家
・キリスト教国家、イスラム教国家を含む世界中の国と良好な関係がある
・高度な軍事力を持つ
・長期間の作戦を遂行できる経済力がある

そんな都合の良い国が・・・・・あったんですね。
日本です。

軍事力と経済力についてはともかく、多国との友好関係が信じられない人はBBCの調査を見るといいと思います。(クソ重いPDFファイルに注意)あ、なんか2カ国ほど日本を目の敵にしてるみたいですが、ノイズなので無視して構いません。

蛇足になりますが、パキスタンとインドって本当に仲が悪いんですよ。一度パキスタンが核ミサイルを核保有国であるインドにつきつけた事もあるんです。第二次大戦以降、本気で核戦争の危機になったのはフォークランド紛争と合わせてこの2回だけでしょう。日本でもそこそこ(本当はそこそこで済む話じゃないんですが)ニュースになりましたが、日本はその直後東海村の事故のニュースにかき消されてしまいました。

そんな2国が(タイミングがずれているとはいえ)同じ国でこんな風あんな風に観光してる姿は珍しいんじゃないかと思います。

閑話休題

上の書き方だと勝手に押しつけられたみたいですが、それは表現の問題で、実際は日本にとって原油の確保は誇張でも何でもなく死活問題ですし、原油を運ぶ海上通商路(シーレーン)保護は国家的命題な訳で、積極的に関わらざるを得ない問題です。だからこそ時の総理大臣小泉さんはテロ特措法を成立させたんですね。

加えてまともな海上補給が可能な艦船を持つ国は、世界中でアメリカ・イギリス・スペイン・日本の4カ国だけです。しかもこのうちイギリスとスペインは海外に回す余力はなく、アメリカは燃料の精錬装置を付ける必要がありますし、そもそも前述の通りパキスタンがアメリカから補給を受けるのは非常にまずい。

よって、対テロ作戦において海上補給を展開できる国は、事実上世界で日本だけとなります。

第二次世界大戦を紐解くまでもなく、軍隊の作戦行動において補給は生命線です。だからこそ民主党がテロ特措法に反対姿勢を見せたとき、アメリカ大使が継続に理解を求めるよう要請したり、米英豪仏から給油活動に感謝する書状が来たり、中国配下の香港紙ですら日本の活動を評価する記事を載せた訳ですね。(中国も資源輸入国であり、一国二制度下の香港は経済の混乱を防ぎたいため)
 

かつて湾岸戦争の際、130億ドルを超えるお金を出したにも関わらず、クェートからは感謝の一言も無く、各メディアが一斉に「日本独自の国際貢献を」とがなりたてました。今回、文字通り日本しかできない国際貢献をしているのに、なぜそれを褒め称えないのでしょうかねえ。ああ、時に湾岸戦争当時の自民党幹事長って誰でしたっけ?(棒読み)

いい加減うんざりしてきましたがまだ続きます。

 
■ここでのポイント
・日本にとっても対テロ作戦は死活問題
・日本が仲介することで各方面に面子が立つ
・補給活動が出来るのは日本だけ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.14

テロ特措法(1)

たまたま職場でテロ特措法の話になったので、昨日の日記と同じ主旨の事を、厚さ1mのシリコン製オブラートに包んで発言したところ、「なんで?」と言われますた。よー考えたら中東・中央アジア情勢あたりって、日本じゃ全然馴染みがないんだっけ。(それもどうかと思うが)

なので軽くおさらいです。

といっても、宗教を絡めて延々と揉め続けている奴らを網羅するのは無理なんで、まずは前菜としてサウジアラビアとパキスタンとテロ組織の関係について。(なんでサウジアラビアが出てくるかは後で分かります)
あ、ちなみにパキスタンは中東ではなくて中央アジアの国家です。

・ここで言うテロ組織≒対ソゲリラ組織を前身とするイスラム教超原理主義者達(代表選手:タリバン、アルカイダ)
・アルカイダを設立したウサマ・ビン・ラディンはサウジ王族と繋がりを持つ
・サウジアラビア、パキスタンともにムスリム(イスラム教徒)が国民の圧倒的多数を占める
・サウジアラビア、パキスタン両国はともにテロ組織を支援
・ただし現在サウジアラビアはテロ組織と絶縁状態
・パキスタンは核保有国

もう前菜だけでお腹一杯ですね。
本当は「パキスタンの核ミサイルは北朝鮮製」とか「穏健派ムスリムと原理主義者との争い」とか「中東の核問題にはイランが絡んでくる」とか、もっと胸焼けがしそうな話もあるのですが、とりあえずそれは手を付けず先に進みます。

で、アメリカを始めとした対テロ作戦を遂行する自由主義連盟は、基本的にキリスト教国家です。で、これを単純に上の項目と当てはめると、対テロ作戦は

キリスト教VSイスラム教という世にもおぞましい血塗られた構図となります。
 
紀元前から始まり、21世紀の現在ですら人死にが出る絵柄ですね。ここにユダヤが絡めばパーフェクトです。(陰謀論的にはアメリカの背後に、現実としても中東におけるイスラエルという存在もあるので、あながち冗談でもないのですが))
 

あれ?おかしいですね?
中央アジアのイスラム系世俗国家であるパキスタンは、対テロ作戦に参加してます。しかもテロ組織を支援してるのに。

これには各国の思惑があります。

・パキスタン
近代化と経済向上による国内安定化を目指しており、それには自由主義諸国の後ろ盾が必要。また地政学上の問題で、中東・インドとは直接事を構えたくない。

・中東諸国
ビジネスの問題上、中東及び中央アジアの不安定化は望ましくない。(ビジネスとはもちろん原油輸出)特にサウジアラビアは原理主義者によるテロを蛇蝎の如く嫌っている。というより現在テロの的となっていて洒落にならない状況。

・自由主義諸国
ムスリムが圧倒的多数を占めるパキスタンを対テロ作戦に入れる事で、キリスト教VSイスラム教という構図を薄める事ができる。また産油国である中東諸国情勢が不安定になると非常に困るのは言わずもがな。

で、各国の思惑が一致し、パキスタンは国内のテロ支援勢力を力ずくで抑えつつ、自由主義諸国に協力する事となります。

いやーよかったよかった。

 
 
 
で済む訳がありません。
これはこれで今度は別の問題を抱える事となります。

長くなるので一旦切ります。


■ここでのポイント
・対テロ作戦にイスラム世俗国家であるパキスタンという存在は重要
・ただしパキスタン内部にはテロ支援勢力も存在する

| | Comments (0) | TrackBack (2)

いやもうほんとに

よくてオイルショック、最悪で中東核武装大会になるぞ、マジで。
パキスタンが抜けた時、クソ無脳民主とド腐れマスゴミ共は責任とるんだろうな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.09.07

ほーむ・すいーとほーむ

着々と物欲を満たしつつある今日この頃、新たな買い物が増えました。

今回購入したのはこちら。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Pic_home
戸建3LDK駐車場2台付

※プライバシー保護のため画像はナニをアレしています。

 
 
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。ついにやっちまったよ。どうしよう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2007.09.03

車にまつわるETC

ここのところPC・携帯電話と、購入ラッシュが続いている私ですが、もののはずみでETC車載器も購入することにしました。とはいえ資金も無限にあるわけでもなく、有料道路の使用頻度も高くないので、最低限の機能で極力安い物を探してみました。

で、見つけたのが日本ロードサービス株式会社の四輪車ETCらくらく導入キャンペーン。日本ロードサービス自身が取り扱っている機器リースを利用すればお値段なんと0円。(機器着払い送料500円は実費負担)

「マイク、無料で車載機器がもらえるなんて本当かい?」
「HAHAHAもちろん本当さ、イワン。ただし取り付け費用はかかるけどね」
「なんだよ、やっぱりお金がかかるんじゃないか」
「君は相変わらず慌て者だな。今時ネットで調べれば、同じ車種の取付例なんか山ほど出てくるぜ」
「本当だ、僕のフィットの例もある。これならロールスロイスの上でハンバーグを焼くよりハードルが低そうだ!」
「それだけじゃないんだ。同じような無料サービスは他にもあるけど、ほとんどが指定されたクレジットカード会社のETCカードを作る必要があるだろう?」
「そうそう。あれ、個人情報を悪用されそうで不安なんだよね。特にヤフーとかYahooとかやふーとか」
(観客同意のため息)
「でもこの制度は違う。どの会社のETCカードでも自由に使って良いんだ!」
「マイク、君はいつも僕を危険な奴だと言うけど、こんなお得な情報をタダで教える君も十分に危険だと思うよ(ウィンクをしながら)」

「どうです、皆さん!国土交通省の天下り先が無い知恵をひねって考えた助成制度。ETCなんてどうせ新たな利権の温床じゃねえかとヒネた考えを起こす前に、ぜひとも一度ご利用ください!」
(観客拍手)

と脳内Amazing Discoveryを展開した後、セブンドリーム・ドットコムの申し込みボタンをポチったのでした。

 
ちなみにリース制度自体は、「ETC導入に関して5250円を助成するよ」というものなので、そこらのカー用品店で売っているETC車載器の購入時にも利用できます。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« August 2007 | Main | October 2007 »