« 仙台旅行レポート(温泉編) | Main | 彼の名はアムネジア »

2007.06.13

仙台旅行レポート(寿司編)

これで最後。

夕方仙台市内で待ち合わせ。目的地は塩釜市の寿司屋です。聞くところによると、某管理人さんは奥様を寿司屋に連れて行くと約束したものの、まだ回る寿司屋にしか行ってないそうです。何をしとるのかね、キミは。

事前の綿密なリサーチ(るるぶと地元観光ガイドブックを流し読み)によると、すし哲が有名なようですが、某管理人さんによると姉妹店のしらはたも良いとの情報。どちらもほぼ同じ場所にあるとの事なので、現地に行ってからフィーリングで決める事にします。

道中さしたるトラブルもなく、無事塩釜に到着。適当に近くの専用駐車場に停めたものの、もっと近いところにも駐車場があった事が判明。ガイドブックとかにも載せてくれればいいのに。

10年以上前、某管理人さんにすし哲に連れてきてもらった記憶が、おぼろげながら蘇ってきました。という事で、まだ行ってないしらはたの方に行く事にしました。

店に入り、バイトとおぼしきお姉さんに何が良いか聞くと「おまかせ握り3800円」はどうですか、と勧められました。少々高いものの折角だし、純朴そうなお姉さんとお薦めを聞かれて取り出した手帳が可愛かったので、4人前お願いしました。あと各自単品を少々。

先客の団体さんがいたのでなかなか注文したものが来ず、皆で軽く暴れます。途中お姉さんが申し訳なさそうにお茶を入れ替えにきました。ちなみにお店のために言っておきますが、非常識なほどの待ち時間だった訳ではありません。単に4人とも、空腹で飢えた野獣のようになっていたからです。多分、ビールでも頼んで軽く飲みながらであれば、十分に待てる時間です。さすがに皆、ビールを飲む気は無いようでしたが。

しばらくすると寿司が運ばれてきました。まずはマグロ3種(中トロ、赤身、ヅケ)です。中トロ甘ええええええええ。赤身うめええええええ。ヅケ最高おおおおおおお。その後、別皿にエビ・イクラ・ウニ・子持ち昆布・穴子・アワビ・カニ等々が盛られてきました。どれもこれも目玉が飛び出そうになるくらい美味いです。これならメタボリックシンドロームになってもいいや。(ダメです)

デザートにイチゴの自家製シャーベットが出てきたとき、Eがお姉さんに「自家製イチゴですか。凄いですね」と意味不明なボケをかましました。お姉さんは困った顔をしつつ「いえ、イチゴは自家製じゃないです・・・」と訂正。真面目な人を困らせちゃいけません。すかさず私が「すいません、こいつ頭弱いんです」とフォローしておきました。

そう言えばこの時も含め、奥様は私達が会話中ずっと俯きながら笑いを堪えていたようですが、何があったんでしょうか。日常会話をしていただけなのに。

Kahopyon美味しいお寿司で満腹になり仙台市内に帰着。某管理人さん夫妻にホテルまで送ってもらい、名残惜しいと思いつつも解散です。次に会うのはいつになることでしょうか。

・・・と思ったら、某管理人さんから電話がありました。随分前から私が欲しいと言い続けていた、かほピョンのグッズを渡し忘れたので、持ってきてくれるそうです。颯爽と自転車で現れた某管理人さんから、ストラップとぬいぐるみを受け取ります。すげえ嬉しい。

さすがに疲れもたまっているので、今日はさっさと寝ようとエレベーターに乗ると、そこには「全身マッサージ2500円」の魅惑的な文字が。贅沢ついでにマッサージをお願いする事にします。TVで映画「デスペラード」を激しくツッコミながら堪能していると、マッサージのお兄さんが到着しました。

柔道整復師の資格を持つお兄さんによると

・全身この世のものとは思えないくらい凝っている
・体全体が左に曲がっている
・凝りが酷くて指が入っていかない

だそうな。心当たりがありまくりなので、リラクゼーションではなくて、柔道整復に近いマッサージをしてもらいました。余りの気持ちよさに口から魂が抜けそうです。お兄さんは凝りをみるとほぐさずにはいられないという、マッサージ師の鑑のような人でした。肩がほぐれてきたのが分かると「あー、来た来たーっ!」ととても嬉しそうです。そんなに喜んでもらえると私も嬉しい。

15分延長してもらって気持ちよく就寝。というかどうやら失神同然に眠ったようで、気がつけば朝でした。おお、久しぶりに肩と腰が痛くないぞ。

Train_3朝食後チェックアウトを済まし、スーツ姿の人が行き交う駅に向かいました。有給休暇ってステキ。嫁さん用にお土産と、帰りの新幹線で読むための文庫を物色です。お土産は小さな笹かまのセット、文庫は某管理人さん推薦の「アヒルと鴨のコインロッカー」をチョイス。荷物が重くて死にそうです。

途中喫煙出来るところが少なすぎてうんざりしつつも、無事自宅に到着。スティッチは子供に大好評でした。よかったよかった。

おしまい。

|

« 仙台旅行レポート(温泉編) | Main | 彼の名はアムネジア »

Comments

のたさん、結婚式レポートありがとう♪
新郎の趣味に競馬とマージャンが抜けていることのツッコミとか面白かったです。
かほピョンもかわいいですね。
福島の私は行けない距離ではないので
温泉もお寿司も私もまねして同じところに行ってみたいと思いました。特にお寿司が美味しそう。
幸せいっぱいの某管理人さんを私も見てみたかったです。
のっぽで細身の某管理人さんも、のたさんみたいに結婚後は、ぽちゃっとしてくるのでしょうか。

Posted by: ハル | 2007.06.13 at 20:17

温泉よかったですよー。

ただ、河原の湯の女性の時間帯は午前中なのに、日帰り温泉は11時~15時とかそんな感じで、女性が河原の湯を使うのは時間的に結構タイトなので気をつけて下さい。事前に電話で確認した方がいいでしょうね。

レポートにはのっけてませんが、日帰り温泉は2500円コースもありました。違いはよく分かりませんが、食事がちょっと豪華になったと思います。

ぽちゃっととは失礼な。ちょっと10kgほど増えただけです。ぷんすか。

Posted by: のた | 2007.06.13 at 22:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/15413235

Listed below are links to weblogs that reference 仙台旅行レポート(寿司編):

« 仙台旅行レポート(温泉編) | Main | 彼の名はアムネジア »