« September 2006 | Main | December 2006 »

2006.11.30

Eat it.

立ち食い文化花盛り なにわ新顔、パスタ店登場

 串カツやうどんなど「立ち食い」になじみの深い大阪で、立ち食いのパスタ店が登場した。イタリアでは珍しくないが、日本では極めて新しい形態という。主なターゲットは、昼食戦争に悩む都会のサラリーマン層だ。短時間で食事が済ませられるとあって評判は上々。

今までありそうで無かった立ち食いパスタ。いいじゃないですか。世の男性の昼飯は正直バリエーションに乏しいので、このようなお店は大歓迎です。

 このパスタ店の命はスピードだ。客の前でゆでるのは30秒。その間に手早くソースを作る。

 「お待たせしました」。注文してから3分もかからず、皿が出てきた。客は食べ放題のパンなどをつまみながら、パスタをツルツル。店での滞在時間は10分ほど。パスタの店では驚異的な時間の短さだ。

そうそう、やっぱりスピードが命ですよ。働く男は短い昼休みの間に昼飯、食後のコーヒー、読書(スポーツ新聞)、昼寝とやらなければいけない事が山積みなのです。やっぱり立ち食いと言ったら、早い・美味い・安いと三拍子揃っていないt・・・・

http://piyoco.seesaa.net/article/27631928.html

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/d/c/dc336f49.JPG

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)


サイゼリアで座ってランチセット食ってた方がいいや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.28

サルを背中に乗せる

へー、Hootersが日本上陸かあ。

なんて話はどうでもよくって。

毎週日曜日17:00にNHKで放送している「ニャンちゅうワールド放送局」に、フィンブルズというBBC作成のコンテンツがあるんですよ。ファンタジックな世界に住む不思議な生き物が、毎回色々な「何か」を発見してわくわくした気分になる、というコンセプトなのですが

・生息地の植物が全部パステル調
・登場キャラクタも素敵ファンタジーカラー
・「何か」を発見する予兆としてあちこちがキラキラと光る
・ついでに鈴のついた木に花が咲く
・さらにメインキャラクターの頭頂部にある花も咲く

「これ企画したヤツ絶対クスリやってただろ」という確信とともに斜めに見るのが視聴者としての正しい姿勢だという事を、私は声を大にして主張したいと思っています。

◎参考
日本公式サイト: http://www.fimbles.jp/
本家公式サイト: http://www.bbc.co.uk/cbeebies/fimbles/index.shtml

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.24

ノックアウト

元ネタ:沈魚落雁閉月羞花すごい漢字より

うちの大学ではその特色上、図書館という字を多用する事があり、講義なんかではこんな字

Photo(国構えにカタカナのト)

を「図書館」と読ませる事が多々ありました。いい加減な字だなーと思いつつも、労力がグっと減るので何かと便利に使っておりました。(はい、ソコ。「労力以前に授業に出てねえだろ」とか言わない)

しかし世の中、上には上がいるものです。

K「慶」の俗字。慶応大学が作った国字。
O「應」の俗字。慶應大学が(略
Ko「慶應」の(略

アルファベットかよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.11.14

見よ、築地は赤く燃えている!

「日の丸」デザインに緊張感 コムデギャルソンの挑戦(06/11/14 あかぴー)

 日の丸は美しいか? 10月に開かれた07年春夏パリ・コレクションで、コムデギャルソン(川久保玲)が日本の国旗をモチーフにした新作を発表し、少なからぬ反響を巻き起こした。大きな反発や非難はなかったが、会場で感じられた戸惑いやあいまいさに、日の丸や日本への視線が透けて見えた。
(中略)
 ショーでは、出来損ないの日本髪のようなヘアや下手な白塗りメークなど、近代日本の西欧化のちぐはぐさを揶揄(やゆ)するような毒もはらんでいた。だが、服全体は極めて美しかった。

あれ?どっかで見たなと思ったら、やっぱり焼き直しですた。

美しさ追い求め 07年春夏パリ・コレクション(06/10/06 あかぴー)

 「日の丸は究極の美しいデザインですから」と川久保玲。しかしこのショーでは、近代以後の日本のどこかちぐはぐなおかしさも感じ取れた。「簡単に美しいなどとは言わせない」との批評性を持ちながらも、服は結局美しかった。

で、今回の最大のツッコミどころですが、某所で秀逸なコメントを見つけたのでそちらを転載しておきます。

861 名前: 無党派さん Mail: sage 投稿日: 2006/11/14(火) 19:16:03 ID: 0er7m+CP
>>857 自分とこの旭日旗風のマークは・・・・


862 名前: 無党派さん Mail: sage 投稿日: 2006/11/14(火) 19:19:04 ID: 5fBSbzmU
>>861
あれは中心が左にずれているからいいんだよ。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2006.11.12

さがしものはなんですか?

千葉初の県ロゴに県民からブーイング!

県総合企画部によると、県に対しても10日までに電話やメールで十数件の意見が寄せられ、批判がほとんどだったという。(中略)県では、このロゴを使い続け“定着”を目指す意向。総合企画部では「確かに予想外の反響だったが、『面白いデザインだ』という賛成意見もいただいている。ロゴを単体で見るとシンプルに見えるが、よく見ると字の大きさや配置に味がある。また、ポスターの中などで使うと、すわりがいい。ロゴを変えることは考えておらず、今後も職員の名刺に入れるなどして、このロゴを広めていきたい」と話している。

最近流行のサイレント魔女☆リティFig1でしょうか?
「自画自賛」という辞書の説明文に使ってほしいくらいノリノリな千葉県ですが、他人事なので正直どうでもいいやー、と思っていたら

ちば環境再生基金
マスコット
県民のために働きまくるマスコット

だから、ふるさととか自然なんかより大切な何かを早くとりもどせと(以下略)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.11.10

ジーザス・クライスト=スーパースター

キリスト様がんばり過ぎ。

犬の肛門にキリスト像現れる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.08

エレクトリカル小市民

新宿で詩を売ってる人達はこのセンスを見習うべきだと思う。

http://www.kajisoku.com/archives/eid420.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.11.06

本末転倒

新しい千葉県ロゴの作成について

 様々な魅力を持ちながらも、県全体としては垢抜けないなどと言われることもあった千葉県のイメージの一新を目指して、統一的に活用する新しいロゴを作成しました。
 新しいロゴは、多様な魅力が集約した“ちば”の文字を使って「洗練」されたデザインとしました。
 今後、PRポスターや各種広報刊行物などにロゴを活用し、千葉県を全国に発信します。

「垢抜けない」という評価から脱するため、大切な何かを失っているような。そう、喩えれば壁紙のヤニ汚れを隠すためにウンコをぶちまけるかのように。

いずれにせよ、全国に発信された結果として、千葉県民に向けられる視線の事を思うと不憫でなりません。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | December 2006 »