« 東京メトロの中心でアイを叫ぶケダモノ | Main | 赤字新聞 »

2005.12.12

Absolute Field

先日テレビ東京のコスプレ王選手権を見ていたのですよ。

嫁「絶対領域ってなんだ?」
私「逸般的な世間では『スカートとオーバーニーソックスの狭間に存在する空間』と定義されているな。

ただ、単にスカートとオーバーニーソックスの間に、フトモモが見えればいいと言う物ではない。比率?ああ、確かに、[スカートの丈] : [ソックスの膝上部分] :[絶対領域] = 4:2.5:1(±25%) が黄金律だという意見もある。

だがしかし彼らは大切な物を見逃している。それは「奥行き」だ。

いいか。いくら黄金律であっても、ペラペラのスカートの向こうにあるのは只のフトモモの切れ端だ。絶対領域とはそんな生易しいものではない。絶対領域を絶対領域足らしむ要素とは「不可侵性」。これだ。そして不可侵性は奥行きによってのみ演出されるのだと、私は声を大にして言いたい。

プリーツスカートが織りなす十重二十重のベールに隠された神秘の空間、フレアスカートの柔らかいドレープに映るファムファタールの影、パニエによって繰り広げられるレースの銀河。そう、今にも指先に触れそうな、しかし永遠に手の届かない彼岸。懊悩によってもたらされる甘美な痛み。これこそが絶対領域の本質だ。

では、タイトスカート系で絶対領域は手に入らないのか?いや、そんなことはない。そう、例えばガーターベルトのようなものがあったしたら?その縦ラインは我を拒むイバラの檻。断絶された二つの魂。その余りにも哀しい距離感に、人は久遠の絶対領域を見い出すだろう。

ああ、畏れるべきは妄想力。我を突き動かすリビドーの翼。神はなぜ人に絶対領域を与えたm(ごすっ)

嫁「うるせえ。黙れ」
 
 
 
半分くらいはフィクションです。

|

« 東京メトロの中心でアイを叫ぶケダモノ | Main | 赤字新聞 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/7582719

Listed below are links to weblogs that reference Absolute Field:

« 東京メトロの中心でアイを叫ぶケダモノ | Main | 赤字新聞 »