« カプリコン・1 | Main | 東京メトロの中心でアイを叫ぶケダモノ »

2005.11.29

よりうむし

毎日新聞の猪飼順記者は脳みそが寄生虫にやられているみたいです。

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも=猪飼順 /東京

 鍋物の季節がやってきた。我が家の定番はキムチ鍋。冷蔵庫にあったキムチは、寄生虫の卵が検出されたと話題の某国製だったが、炒めたキムチを使うのがおいしさのコツというから、卵があっても問題ないだろう。

 子どものころ、野菜を洗っていて「虫がいる」と大騒ぎして怒られたことを思い出した。行商に来る農家から買っていた野菜は、虫食い跡は当たり前。菜っ葉類を洗うと、必ずといっていいほど、元気な虫に遭遇したものだ。慣れてしまえば、「虫がつくほどおいしい」と思えてきた。

 寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。

藤田教授の名前出してるけど、著作を一冊も読んでないのが丸わかりですね。著作には必ず人間にとって「良い寄生虫」と「悪い寄生虫」の違い、「悪い寄生虫」はなぜ人間に悪さをするのかを、それこそ中学生が読んでも分かる程度に丁寧に解説しておられるのはずですが。

とりあえずこのバカには昆虫と寄生虫の違いを百科事典で調べた上で、夕刊フジを100万回読んで出直してきて頂きたいものです。

【サラリーマンを襲う病気】  中国産に続き、韓国産キムチからも回虫の卵の混入が発覚した。韓国の食品医薬品安全庁は「仮に摂取しても人体に感染する恐れは少ない」と火消しに躍起だが、そこに「待った!」をかけるのは、『カイチュウ博士』こと東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎博士。注意したい“危ない回虫”について解説してもらった。(2005.11.17掲載)

|

« カプリコン・1 | Main | 東京メトロの中心でアイを叫ぶケダモノ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/7373784

Listed below are links to weblogs that reference よりうむし:

» ★ゴミ餃子や寄生虫キムチだけじゃない!韓国の恐るべき不良食品の数々! [★厳選!韓国情報★]
(※)「棒太郎の備暴録」さんのウリナラメニューを参考にさせて頂きました。 (注)お食事中の方は閲覧をお控え下さい。 ■ア・ラ・カルト ▼不良食品の数々(1) 【東亜日報】「不良食品天国」[04/6/10] ▼不良食品の数々(2) 【朝鮮日報】ついには「炭入り冷麺」まで[00/11/16] ▼粗悪唐辛子、廃ドラム缶に保管された塩辛、工業用牛脂ラーメン、膿(うみ)牛乳 【朝鮮日報】生ごみ餃子にボルト入�... [Read More]

Tracked on 2005.11.29 at 11:39

« カプリコン・1 | Main | 東京メトロの中心でアイを叫ぶケダモノ »