« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.29

よりうむし

毎日新聞の猪飼順記者は脳みそが寄生虫にやられているみたいです。

寄生虫の卵 感染、ラッキーかも=猪飼順 /東京

 鍋物の季節がやってきた。我が家の定番はキムチ鍋。冷蔵庫にあったキムチは、寄生虫の卵が検出されたと話題の某国製だったが、炒めたキムチを使うのがおいしさのコツというから、卵があっても問題ないだろう。

 子どものころ、野菜を洗っていて「虫がいる」と大騒ぎして怒られたことを思い出した。行商に来る農家から買っていた野菜は、虫食い跡は当たり前。菜っ葉類を洗うと、必ずといっていいほど、元気な虫に遭遇したものだ。慣れてしまえば、「虫がつくほどおいしい」と思えてきた。

 寄生虫に感染するとアレルギー反応を抑制できるという学説を唱える藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授は、自らもサナダムシを体内に共生させていたことで有名だ。花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。

 とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。

藤田教授の名前出してるけど、著作を一冊も読んでないのが丸わかりですね。著作には必ず人間にとって「良い寄生虫」と「悪い寄生虫」の違い、「悪い寄生虫」はなぜ人間に悪さをするのかを、それこそ中学生が読んでも分かる程度に丁寧に解説しておられるのはずですが。

とりあえずこのバカには昆虫と寄生虫の違いを百科事典で調べた上で、夕刊フジを100万回読んで出直してきて頂きたいものです。

【サラリーマンを襲う病気】  中国産に続き、韓国産キムチからも回虫の卵の混入が発覚した。韓国の食品医薬品安全庁は「仮に摂取しても人体に感染する恐れは少ない」と火消しに躍起だが、そこに「待った!」をかけるのは、『カイチュウ博士』こと東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎博士。注意したい“危ない回虫”について解説してもらった。(2005.11.17掲載)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.11.28

カプリコン・1

毎日新聞 社説:はやぶさ 宇宙開発で挽回する好機に

 その中にあって、「はやぶさ」の試料採取は非常に明るいニュースだ。しかも、日本が得意とする無人技術が生かされた。ぜひ宇宙開発の勢いを挽回(ばんかい)するチャンスとしてほしい。

H2Aの打ち上げ失敗の時に、「税金の無駄」だの「時代の流れにそぐわない」だの、さんざんネガティブキャンペーンを打っていたのはマスコミだったような。某番組で「失敗の報道より、成功の報道の方が扱いが小さいのはおかしい」と言っていたが、本当にその通りだと思う。

 そう思うにつけ、JAXAの国民へのアピールの仕方はもうひとつだったのではないか。これだけの大仕事なのだから、その価値がよくわかるよう、もっと演出してもよかった。

 米航空宇宙局が今夏、探査機ですい星に弾丸を撃ち込んだのは独立記念日だった。映像も含め、国民的行事としての演出がうまい。

 宇宙探査は技術の獲得や科学観測が大事なのはいうまでもない。ただ、国民に支持されなければ宇宙開発そのものが先細りしてしまう。宇宙の冒険を市民にわかりやすくアピールする工夫は、これからますます重要だ。

えーっと、今回JAXAはインターネットでのライブ中継やBlogでの解説とか、官民あわせて見てもかつてないくらいアピールしていたと思います。そこから先を担うのは誰の役目だっけ?

あと、

宇宙の冒険を市民にわかりやすくアピールする工夫は、これからますます重要だ

ってんで、2月11日だの5月27日だの12月8日だの12月23日にやった日には、すごい勢いでぐんくつの音が聞こえる、と言われる方にリポビタンD 100本。


11月26日の記者会見での、このやりとりなんかはいいと思うんだけどなあ。

週刊ポスト この前投下したターゲットマーカーは誘導に使ったのか。

川口 今回はターゲットマーカーを使わないという前提で計画を組んだ。しかし、発見できれば、データレコーダーに記録を残すということにしてあり、実際発見できたのである。

週刊ポスト 情緒的な言い方になるが88万人の名前がはやぶさを導いたといっていいいか。

川口 いいだろう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.11.24

見よ、東方は赤く燃えている

ここ最近、朝日新聞の記事はデムパが少なくて不満です。共同通信・NYタイムズ東京支局との華麗なマッチポンプも減ってきてるし。これじゃまるでタダの新聞じゃないですか。
 
 
左翼っ、デムパ薄いよ!!なにやってんの!!!

 
 
----------
おまけ:ハイテクロボット
・・・ゲームセンターにあったな。こういうの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.23

ウリの科学技術は世界一ニダ

たまにはホンモノの朝鮮日報から。

歩行介助ロボット「EXPOS」

この記事がいつまであるか分からないので軽く説明すると、歩行器を電動にして、足を動かすためのサポート機構をくっつけた感じ。なんか無謀にもHALを引き合いに出しているみたいですが、
  
最大限好意的に評価して、小学生が絵に描いた「みらいのどうぐ」かな。
 
駆動機構が車輪なんだけど、車輪って半径以上の段差を乗り越えるのってすごく難しい訳で、こんなに小さい車輪な上に、本体のボディーが引っかかると思う。見た感じ5cmの段差が超えられるか超えられないか程度っぽい。

さらに段差を超えた衝撃を吸収する仕組みはどう見ても無さそうなので、最悪の場合、段差を超えた衝撃で本人がふらつく→バランスを失ってEXPOSもろとも転倒、って事になりそう。
 
 
 
<;`∀´><だ、段差のないところでだけ使えばいいニダ!!
(´・ω・`)<じゃあ普通の歩行器でいいじゃん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.11.12

はにゃ~~~~~ん

NTTデータが独自開発オープンソース・セキュアOS「TOMOYO Linux」を公開,ポリシーの自動学習機能を備える

 NTTデータでは,TOMOYO Linuxに先立って,ルート・ファイルシステムを読み取り専用にしてシステム・ファイルの改ざんを防止する「SAKURA Linux」を開発している。またデバイス・ファイルの改ざんを防止するため/devをアクセス制限付きにしたファイル・システム「SYAORAN」,認証機構の「CERUBERUS」も開発している。

さくら・・・・ともよ・・・・シャオラン・・・・ケルベロス
 
  

( ゚д゚)ポカーン 

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
( ゚ Д゚)
 
 
 

・・・・んでもってさらにReadmeに

This project was very inspired by the comic "Card Captor SAKURA", one of the CLAMP's masterworks.
The names SAKURA and TOMOYO and SYAORAN were borrowed from the comic with the heartfelt thanks to CLAMP.
 
 
 

( ゚д゚)・・・

   。 。
  / / ポーン!
(  Д )

 
 
 
 
 
ネーミングのセンスはともかく、勇気だけは買おうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.11.01

ふいんき(なぜか変換できない)

文部科学省のWebサイトに宇宙開発政策大綱に関するページがありまして。


内容はさておき、問題はそのURL。

www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/shisaku/taimou.htm←ここ注目

taimou
たいもう



大網?


がんがれ文科省。超がんがれ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »