« 狂乱の宴 | Main | 今日の街角 »

2004.11.30

夢は枯れ野を

昨日の日記と順序が逆になるのですが、ヤボ用で九州2泊3日の旅をして参りました。某大学の先輩が旅行記を書くまでの間,ちょっとつなぎでアレコレ書いてみたりして。

1日目:博多
お昼に大学時代の友人と三人で待ち合わせ。妙に身軽な姿に「お前着替えは持ってきてないの?」と素で聞かれました。貴方達が荷物大杉です。特にE崎、なぜにたかが2泊3日でそれほどまでの荷物なんだ。貴族のように30分毎に着替えるつもりか?
nimotsu.jpg cap: オレ様全荷物

その後せっかくなんで昼飯に博多ラーメンを食いに行こうとするも,いいお店が分からず一風堂で食べる事に。これなら三人の住んでいるところ(東京・名古屋・仙台)でも食べられますがな。

てきとーに時間を潰しつつオフ会に突入しました。一次会は地元の方おススメの鶏料理です。鶏刺し大変美味しゅう御座いました。水炊き大変美味しゅう御座いました。ほとんどが初めてお会いする方ばかりでしたが,とても楽しい時間でございました。ここで九州の皆様へ重大なお知らせです。柚胡椒は九州にしかない調味料なんですよー。

二次会はオサレなバーでした。ここでの注文は,席(2F)の横にある伝声管(映画の潜水艦に出てきそうな奴)を使うというちょっと変わったものでした。某先輩は妙に気に入って率先して注文しておりました。ただ「ボウモア。ロックで」という注文がやけにハイピッチなのに,そこはかとない不安が。

三次会は渋めの飲み屋さんでした。案の定某先輩は秋の大酔っぱらい祭り開催中です。不安的中。まあいつもの事なので軽くシカトしつつ,一次会からおつきあい頂いている地元の方やお店の方からお土産情報なんかを教えて頂きました。

四次会はスナックです。当然のようにメンバーはお馬鹿三人組みだけです。ココでの事は他の二人のため胸にしまって墓場まで持っていく事にします。っていうかなんで朝の4:30までいるのか意味わかんねえ。しかも私は最初から最後まで素面。単位重量で比較して日本一ウーロン茶を消費した自信があります。

2日目:小倉
朝(仮眠から)起きた時点で既に疲労のピークに達しています。当たり前だ。それでも疲れた体に鞭を打ち電車で小倉へゴーです。電車がちょっとメカメカしくて機械の体がもらえそうな感じでした。
densya.jpg cap: むしろ下さい、機械の体。今すぐ。

途中,もう一人の友人と合流しました。みんなで頑張って用事をこなしつつさらに用事その2へ突入です。もうこの時点で3人は半分気絶してます。というか私は椅子に座ったまま2分ほど落ちてました。本当は用事が済んだらパチンコ屋に旅打ちしたかったんですが諦めて寝ました。より正確に言えば,パチンコ屋に行こうか考えている最中ふと意識が戻ったら朝になっていたのでした。

3日目:再びの博多
最終日です。あちこちでお土産をゲットしました。実家と嫁さんの実家用に稚加榮の明太子と,焼酎 平八郎 を買ってみました。E崎は飛行機の時間のため一足先にさよならです。残った二人でコーヒーを飲みつつ今回の旅の総括及び反省会をしました。記憶が無くなるまで飲んではいけないという事とその兆候が現れたら周囲の人間は止めるべきだという結論に達したのですが,きっと私達は何度も同じ事を繰り返すのでしょう。


おまけ:
博多をうろうろしている最中に「はなたれ薬局」というキャッチーな看板を発見しました。写真に撮らなかった事が悔やまれてしょうがありません。気になって調べてみたらこんな由来が。

|

« 狂乱の宴 | Main | 今日の街角 »

Comments

旅の荷物は多くなるのよ。
めんどくさがり屋で心配性には(笑)
ちなみに今回の荷物で
使用済
1.パンツ(その1)
2.パンツ(その2)
3.靴下(その1)
4.靴下(その2)
5.Tシャツ(その1)
6.トレーナー(その1)
7.ワイシャツ
8.ベルト
9.スーツ
10.洗面用具
11.革靴
12.ネクタイ(その1)
13.ネクタイ(その2)

未使用
1.パンツ(その3)
2.靴下(その3)
3.靴下(その4)
4.Tシャツ(その2)
5.トレーナー(その2)
6.セカンドバック
7.ハンカチ(その1)
8.ハンカチ(その2)
9.祝儀つつむ風呂敷みたいの
10.髭剃り

忘れ物(どっちかのホテルに)
1.洗顔石鹸

以上
旅行記でした(笑)

お疲れ様。あんなことやこんなことは早く忘れてね。

Posted by: えさき | 2004.12.01 at 00:31

お疲れっす。

要はアレだ。荷物のカサにしておよそ1/3が使わなかったものっつー訳だ。(笑)オレだったらその嵩張り具合を見た瞬間、荷物を外へぶん投げるな。旅行の荷物が多いのは我慢できねえだよ。

どうでもいいが風呂敷みたいのは袱紗(ふくさ)っつーから覚えておきたまい。慶事と弔事では包み方が異なるから要注意だ。

Posted by: のた | 2004.12.01 at 01:42

こんばんは。
お礼が遅くなりまして、大変申し訳ございません。
先日は大変お世話になりました。
九州に転勤になってからは、あんなに楽しい飲み会はあったかなぁ?と、振り返ったりしています。
のたさんの日記&こたつみかんさんのHPにて、その後の事を知りました。
・・・
お疲れ様です!の一言です。。
しかし、某Hさんは本当にタフですね!!
その前の日は、僕と3:00過ぎまで騒いでいたのに。。。
でも、某Hさんは、のたさんの様に見守ってくれる方がいるから、ハジケられるのではないでしょうか?
のたさんは、女房というか保護者というか・・・。
とっても素敵な関係だと思います。

また機会があったらご一緒させてください。

くろだようじ

Posted by: くろだ | 2004.12.02 at 17:54

ええ、そんな事があったんです。

くろちゃんはちゃんとまっすぐ帰りましたか?あえてどこに帰ったかは聞きませんが。(笑)送り狼になったんじゃないかとみなが心配していたのは、ひとえにくろちゃんの人徳だろうと思います。(笑)

>のたさんは、女房というか保護者というか・・・。
>とっても素敵な関係だと思います。

それは認識の問題だ、という言葉をもって回答にかえさせて頂きます。

Posted by: のた | 2004.12.03 at 01:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/2108437

Listed below are links to weblogs that reference 夢は枯れ野を:

« 狂乱の宴 | Main | 今日の街角 »