« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.27

続々・新潟県中越地震

某掲示板のTOP絵が変わってます。
新潟中越地震 被災者救援本部@2ch Wikiみんなで新潟にカイロを送ろう! の企画支援のようです。

また,震災被災者を支援している漢気あふれる企業の一覧をまとめたサイトもあるようです。上記リストの中から,普段お世話になっている企業へ個人的エールを。

>ユニクロ
すげえよ。1億円の衣料だよ。今年の冬物衣料を購入させて頂きます。

>ファミマ・セブンイレブン
学生時代のライフライン。これからも色々と買わせて頂きます。

>生協
今後も牛乳と食パン,お菓子を買わせて頂きます。あとカレーコロッケ大好きー。

>加ト吉
「ごっつうまいお好み焼き」大好きです。冷凍食品4割引の時以外も買うようにします。関係ないけど”加ト吉”がATOKで一発変換できたよ。すげえ。

>ユニ・チャーム
自分のとこ(豊岡工場)が台風で被害にあってるにもかかわらずこの太っ腹。奥さんに製品の優先購入を交渉します。

>朝日新聞
たまに配達を忘れられるけど,契約継続します。

>中日
さすが我が地元の球団。脳内日本一認定。

>au
番号ポータルが実現したら乗り換えようかと思ってたけど,auで継続する事にします。

>DDIポケット
WILLCOMなんていう怪しげな名前に変わると聞いたときはどうなるかと思ったけど,今後も会社のPHS導入を増やすように誘導します。

>@Nifty
さすが我がプロバイダ……ってあれ?チャリティーコンテンツなんだ。しかもNifty加算分の金額が不明だし。まあゴミみたいな自分のサイン本を,チャリティーオークションなどと言ってるどこぞの堀えもんよかマシか。


これ以外にもひっそりと支援をしている企業があるかと思います。そんな企業を密かに応援し続けます。


おまけ:
経団連1%クラブに名を連ねる某企業は2000万円の寄付を決めたようですが,経常利益2兆円の1%って2000万円でしたっけ?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.10.26

続・新潟県中越地震

某スレより。
バイクにて救援活動をしている神からのレポ。
------

ただいま戻って来ました

知ってる限りの現地の状況報告をしておきます
小さな簡易避難所や幼稚園、公園、神社、お寺などを主に回って物資を届けて来ました。

はっきり言いますと、物資が足りません
食料に関しては配給があるのは大きな避難所のみで、小さい所はそれぞれが持ち寄って何とかしのいでいる状況です
また市役所周辺や市役所ではマスコミが食料、ガソリン、電池を買い占めてます。

自衛隊から発電機を借りた方がいたのですが、燃料がなくそれも動かせないとの事です。
車で寝泊りしていた方はガソリンが無くなり避難所に非難して来ていました。
多少なりとは市役所に物資が届いているのですが、マスコミ関係に渡る事が非常に多かった印象です。

もしこれから現地へ向かおうと思ってる方が居ましたら、電池、予備燃料、防寒用品、簡易シャワー
テント、食料(日持ちするもの)を持って行ってください。
ルートは上信越からの迂回ルートがベストです。(一般道の道路状況はかなり酷いと思って居てください)

現地にご家族が居る方は、励ましてあげてください。
余震がものすごく多く、夜もまともに寝れ無い方がほとんどだと思います。
中には自殺まで考えた方もいらっしゃいました。
今、現地に行けない方でご家族が現地にいらっしゃるなら
精神的な面でサポートをしてあげてください。

軽く仮眠後にまた向かいます。

最後に
マスコミ各社に対して
貴方たちは阪神の教訓は無いのですか?被災者より優先ですか?
被災者のふりをしてまで食料が欲しいのですか?
助け合う気持ちが無いのなら現地に来るな!

それでは、仮眠してきます。


------

貴様ら,100万回死んで出直してこい。>マスゴミ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟県中越地震

ドラえもん募金しようとしたら「この電話からは本サービスは利用できません」って言われました。よく考えたらダイヤルQ2サービスが利用できないように申請してあったんだ・・・orz

自分の役立たずさに罰を与えるため,明日は昼休みに昼飯代を義援金として送金することにします。


◎メモ
各種情報:
http://samurize.parfe.jp/earthquake/
http://www.webspace.ne.jp/rental/img_bbs2/bbs.php?pid=6701
http://yaplog.jp/nigata/

今後の日課:
募金パークで1日1クリック


あと,災害直後の市役所に電話取材するのはやめれ>NHK
うしろでガンガン鳴ってた電話の音が聞こえなかったとは言わせねえぞ。

あと安否情報の読み上げしてたけど,あれって大部分はインバウンド(外部→被災地)だろ?「心配してます。連絡下さい」っつー情報が何の役に立つんだっちゅーの。情報の優先順位は圧倒的にアウトバウンド(被災地→外部)だろーが。あげくのはてにシステムダウンしてりゃ世話ねえな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.10.22

I can’t hear you!! Oh,shit, I still can’t hear you!!

asahi.comより,国が育てる「サイエンスライター」 文科省部会が提言
例によっていつまでリンクが有効か分からないので,提言の内容を恣意的意訳によりお届けします。


科学研究がヲタっぽくていまいち理解されないんでなんとかしろ。愚民どもに科学研究の偉大さを知らしめるのだ。そのためには科学の偉大さを伝える人材を育てろ。もちろん経費は愚民持ちな。


まー,マイナスイオンだのゲーム脳だの訳のわからんものが公共の電波で垂れ流されているくらいだし,大枠での目的には賛成です。しかしながら,果たしてサイエンスライターを育てれば科学の水準があがるのでしょうか。これは大いに疑問があります。

もうね,四の五の言わずに何が何でも科学に触れさせればいいんですよ。いっそ中学生以上には「科学奉仕」を義務づけて,研究室で強制体験をさせてしまえ。そんでもってフルメタルジャケット並みに厳しく科学研究に対して忠誠心を植え付けるのだ。

以下強制体験の妄想。(※良家の子女を自認される方は読み飛ばす事をお奨めします)

●体験初日
私が訓練教官のハートマン先任指導教授である。
話しかけられたとき以外は口を開くな。
口でクソたれる前と後に“サー”と言え 。
分かったか,ウジ虫ども!
(Sir,Yes,Sir!)
ふざけるな! 大声だせ! タマ落としたか!
(Sir,Yes,Sir!)
貴様らは厳しい俺を嫌う。
だが憎めば,それだけ学ぶ。
俺は厳しいが公平だ。差別は許さん。
M2,D4,ポスドクを俺は見下さん。
すべて――― 平等に価値が「ない」!
俺の使命は役立たずを刈り取ることだ
愛するサイエンスの害虫を!
分かったか、ウジ虫!
(Sir,Yes,Sir!)
ふざけるな! 大声だせ! タマ落としたか!
(Sir,Yes,Sir!)

●体験中
豚娘はサイエンスを愛しているか?
(生涯忠誠!命懸けて!ガンホー!ガンホー!ガンホー!)
草を育てるものは?
(熱き血だ!血だ!血だ!)
おれたちの商売は何だ,お嬢様?
(研究だ!研究だ!研究だ!)

--体験者の一人が手を滑らせて洗浄中のシリンジを落とす--

貴様!どこに眼をつけているんだ!
どうやらケツの穴並みにおめめが小さいようだな!
いや,シリンジすらまともに保持できないとなると,キムワイプ以下の価値しかないときているようだな。
そのアホ面にある馬鹿げた口程度に広げてやる!
よしっ!共洗い65536回!始めーッ!

●体験終了時
本日をもって貴様らはウジ虫を卒業する。
本日から貴様らは研究者の一員である。
兄弟の絆に結ばれる。
貴様らのくたばるその日までどこにいようと研究者は貴様らの兄弟だ。
多くは研究室へ向かう。
ある者は30歳を越えても無職のままだ。
だが肝に銘じておけ。
研究者は死ぬ。
死ぬために我々は存在する。
だがサイエンスは永遠である
つまり―――貴様らも永遠である!


いやだ。こんな研究室。


でもね,朝日自身も日曜版のパソコンの記事に微妙に勘違いを招くような事hうわなにをsるやめjgkおd;vmc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.15

KISS

コンピュータ業界,中でもプログラム方面において KISS principle という思想があります。

ここでのKISSは Keep It Simple, Stupid の略で,「馬鹿みたいに単純にしろ」とか「シンプルにしておけよ,この馬鹿野郎」という程度の意味となります。要はプログラムやドキュメントの類を無用に複雑化せず最大限シンプルにしよう,という事です。プログラムやドキュメントとはロジック(論理)であり,全体の見通しの良さや保守・修正性を考えると,非常に有用な思想であると言えるでしょう。

また,シンプルなロジックは時として非常に説得力を持つ事があります。なぜならシンプルであるが故に議論や疑問を挟む余地がないからです。加えて,贅肉をそぎ落としたロジックはとてもエレガントな姿をしている事でしょう。

世の中で「真理」と呼ばれているものの正体は,もしかしたらそのようなシンプルでエレガントなロジックの事を指すのかも知れません。


以上を踏まえて。


(某月9ドラマを見終わっての会話)
私:「このドラマの舞台は東京のようだが,こんな東京はアリなのか?」
嫁:「なぜだ」
私:「こんなお菓子の家みたいな東京はどこにもないぞ」
嫁:「部屋でジャージ姿のままビールを飲みつつこのドラマを観ている女性達は,このような”夢の東京らいふ”を求めてやまないのだ」
私:「しかし実際の東京だって大したものは何もないぞ。流行の店や話題のスポットなんぞはオレには必要ないし,そう考えると東京といってもそれほど夢見るようなものでもn」
嫁:「愚か者め。世の中の大多数の女性は,貴様が必要ないと切り捨てたものを必要としているのだ。よく考えてみろ。大多数の女性が必要なものを切り捨てる貴様は,そのような女性達から必要とされていないではないか

おお。なるほど。(膝頭を叩きながら)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.13

新潮社,おまえもか。

電車男が新潮社から出版されますが。

なんだかなー。

「売れるものなら何でも売るぜ」って感じですね。別に出版社だって私企業なので利益を追求するのは当然の事なのですが,それにしても大部分を第三者がまとめた物をテキトーに編集して”今世紀最強のラブストーリー”って言われてもねえ。

あの話の醍醐味はライブ感(2chで言う所の”祭だワショーイ”的な所)であるんじゃないかと。

確かにインターネット文学なんて言われる分野のものもあるけど,それはあくまで書き手が始めから物語として作り上げたのであって,先に事象が存在しておりその全体を俯瞰するため善意の第三者がまとめ上げたものとは,何かが根本的に違うような気がするのですよ。

それを「新しい文学でございます」なんて商売していいのか?


とりあえず,私の脳内では新潮社=出版界のソー○ネク○トと認定されました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.11

よろしい,ならばビデオデッキだ。

15年物のビデオデッキがぶっ壊れまして。

私自身は無くてもさして困らないのですが,奥さんはそうでもないし,やはりあればあったで何かと便利なので新しいものを買う事にしました。

ちなみにこれまで使っていた物は長期間の使用と高性能を追求し,お年玉を貯めて高校の時分に当時片思いをしていた女の子の家(町の家電屋さん)で購入したというやや生臭いものです。そういえばその前後にCDラジカセも買ったなあれも大学卒業まで使ったっけあとマクセルのメタルテープとか小物も買って結構売上げに貢献してたのに告白して2秒でフラレたのはショックだったなぁってえーっとなんの話だっけ。

そうそうビデオデッキですよ。ビデオデッキ。

今回は特に性能は必要ないのでひたすら低コストを追求の方向で。S-VHSやHiFi,ましてハードディスクやDVD-RAMでの録画なんてただの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。決して私の稼ぎが少ないからじゃあないぞ。ちくしょう。

そんな感じで軽く心に傷を負いつつも,エレガントかつビュリフォにしてブリリアントなビデオデッキを探すべく新宿Bicカメラへ行ってきたのですよ。
  
 

 
 
んで買ってきました。

video_01.jpg
本体。かなりチープ。

video_02.jpg
どこかでみたマーク。

pika.jpg
リモコンですがなにか。


帰りの電車の中,対面に座っていた男子中学生3人組は私が持っていた箱を見て笑っていたのでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »