« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.29

星へ行く船

宇宙航空開発機構(JAXA)の一般公開に行ってきたのですよ。親子連れやカポー達あるいは友達同士の合間をすり抜けて,あやしく一人で動き回ってました。

第一会場から第五会場まであったけど,昼過ぎ入場のため,全部を回るのは帰りの混雑を考えると厳しいと判断,面白そうな所だけをチョイス。

絞ってみても,過冷却水とその解放実験を見たり,稼働実験中のイオンエンジンを見たり,打ち上げ予定の人工衛星(実機)を見たり,人工オーロラを見たり,人工オーロラの係員のお姉さんに見とれたりと非常に盛り沢山です。

中でも私のハートを捉えて離さなかったのはレールガンの射出実演でした。これは電磁力誘導で物体を加速し射出するというもので,紐が電磁力で出来てるパチンコ(ギャンブルじゃない方)みたいなイメージか。

いや,射出時のスピードが秒速7kmだとか,そのときの音がすげえ(ソニックブーム?)だとか,火花が飛んでかなり派手だとか,技官っぽいお姉さんが可愛らしいとかも魅力ですが,それよりなにより,コイツはある世代から上の特定のカテゴリな人達にはお馴染みのマスドライバーのミニチュアですぜ。
(厳密にはマスドライバーそのものではないかもしれないけど,技術的に同じ直線上にあると思う)

古くはSF小説の中で,新しくは某G系のアニメの中で幾度となく現れた,あのマスドライバーが目の前に。これに興奮するなという方が無理ってもんです。

キノコみたいなビルもない,チューブのハイウェイもない21世紀だけれど,なんか少し許してやろう(何をだ)という気持ちになった一日でした。

いつか私も星へ行く船に乗れる日がくるのでしょうか。


追伸:
あのレールガン脇の説明ポスター,無理に下手なのび太とドラえもんのストーリー仕立てにしなくていいです。しかも絵が下手。あとお土産で売ってた携帯ストラップが壊滅的に格好悪い。H-Ⅱの墜落は許すがその二点だけは譲れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »