« ラッキーチャンス | Main | 世界の中心で本を読む獣 »

2004.06.07

雨がふったらお休みで

YOMIURI ON-LINE 6/7

大久保小で、怜美さんと女児の担任だった男性教諭が7日、学校を休んだ。事件直後から「教室に足が向かない」と漏らし、教壇に立てない状態が続いている。

学校の先生だって人間です。ショッキングな事件であり、まして当事者と near equal な立場としてはさぞ心痛なことでしょう。

精神的な痛みは大人・子供関係ありません。同じクラスの小学生と同じようにこの先生も傷ついており、その度合いは小学生達と等価と言えるかもしれません。


ただ、痛みが等価であればこそ、大人として小学生達のケアを優先して欲しかったと思うのは、第三者の身勝手な意見なのでしょうか。

|

« ラッキーチャンス | Main | 世界の中心で本を読む獣 »

Comments

んー 身勝手?かどうかわからないけど
子どもたちの心のケアができるのは理想だと思うし、
自分だったらそうありたい気持ちもあるけど、
難しいだろうなぁ。。。

今教室に引きこもりだったという生徒さんがいます。
飛びたくなるって言われると正直こっちが悩むよ。。。
カウンセラーじゃないし。。。

事故を防げなかったことに担任としての責任を感じると思うし、
そんな自分に他の生徒のケアなんて果たしてできるのか
迷いも持つだろうし。
迷いを断ち切りつつ生徒たちへの愛情を注ぐことができれば、
いいのだろうけどね。
生徒たち同士が傷つけあったら、
愛せなくなる方が先かもしれないからなぁ。。

本当に難しいですよね 気持ちって。


Posted by: mayura | 2004.06.11 at 06:23

いやね。
別に迷おうがショックを受けようが,それは当然だと思うんですよ。ただ学校内の出来事は,やっぱり教師の職務範囲じゃないのかなと。

事件が起きた事に責任はないとは思うけど,起きた事件に対して対応する責任はあるんじゃないのかなあと思った訳です。

お前らそれで飯食ってんじゃないのかと。
真っ先にダウンしてどうするんだと。


とはいえ教師の仕事っつーのは小さな頃から間近で見てる訳で,しかも今回みたいな特殊なケースに第三者が言いたい放題言うのもどうかなとも思ったりもする訳なのですよ。

Posted by: のた | 2004.06.11 at 21:17

らしいコメントでちょっとなつかしくなりました
背伸びしない感じがいいよねぇ・・・

「起きたことに対すする責任」という視点は、
うん 本当に大事だね
よくよく心に留めておこうと思います。
たしかに真っ先にダウンしたらいかんよね。
ありがと。

でもまあ できる限り起きないように配慮したいです。
うちの親もねーちゃんも学校の先生だったりするしね。
なんと言っても、
こどものうちに身近な人の死に直面するのは良くないよねぇ。。。

風邪が流行っているみたいなので、
気をつけてくださいね

Posted by: mayura | 2004.06.11 at 22:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/726857

Listed below are links to weblogs that reference 雨がふったらお休みで:

« ラッキーチャンス | Main | 世界の中心で本を読む獣 »