« メーヴェに乗ってみませんか | Main | 社内SEというお仕事 »

2004.02.25

ゴミから宝

さきごろ埼玉県草加市で,古紙回収業者が古新聞の中から2800万円を見つけたのですが,その所有権を草加市が主張するかもとのことです。(リンクがいつまで有効か不明なので以下に引用します)

 同市によると、問題の古新聞を回収した千葉県の業者は、市の委託業者ではなく、勝手に資源ゴミを集めた可能性が高い。児玉一・同市助役は「警察の調べで、紙幣が市の資源ゴミ集積所に置かれていたことが明らかになれば当然、市として拾得物の所有権を主張したい」としている。

ゴミ業界(どんな業界だ)に詳しくない人のために説明すると,市町村の集積所にあるゴミは委託業者じゃないと集めちゃいけないんですね。勝手に持っていくと泥棒です。

も一つ言うとゴミの廃棄も各自治体の許可制です。町を走るパッカー車(いわゆるゴミ収集車)をよく観察してみて下さい。個人業者のパッカー車には,必ず○○市許可番号なんてものが,車体に記載されているはずです。(複数の自治体の許可を持っていればその数だけ記載されます)

まあもっとも,夜中に車体の許可番号を隠し,許可のないところにコッソリ回収に行くなんて事もあるようですっつーか昔バイトしていたところはそんなこともしてました。

それはともかく,ちょっと拾得物の取り扱いについて調べてみました。

1. 一般の場所での拾得物
 届け先: 警察
 拾得者: 実際に落とし物を拾った人
 届け出の期限: 7日以内

2. 特定の施設・建物での拾得物
 届け出先:施設・建物の管理者
 拾得者: 管理者だったり実際に拾った人だったり
 届け出の期限: 24時間以内

今回は2のパターンにあたるみたいですが,実際の所有権とかについてはよく分かりません。っていうか法律自体を読む気が失せること請け合いなんですが,草加市もあざといというか抜け目がないなあと思います。

でも実際の話,私がこの手のバイトしていた時の鉄則として
 ・雑誌類に何か挟まっていないか確認する
 ・祝儀袋系は必ず中を見る
というものがありました。意外にヘソクリだのご祝儀の抜き忘れがあるんですよ,これが。

そのようなときはもちろん警察に届ける訳もなく,見つけた人の懐に収まってましたが。

|

« メーヴェに乗ってみませんか | Main | 社内SEというお仕事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4925/233047

Listed below are links to weblogs that reference ゴミから宝:

« メーヴェに乗ってみませんか | Main | 社内SEというお仕事 »